考える葬儀屋さんのブログ

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。 葬儀費用が心配な方、 お葬式のマナーを知りたい方、 葬儀社への就職を考えている方、 エンディングノートに興味のある方など 是非お立ち寄りください

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。
月間アクセス45万PV(ページビュー)達成。
ライブドアブログ OF THE YEAR 2015 受賞。
著書「子供に迷惑をかけないお葬式の教科書」発売中です!

今回から葬儀費用の各項目について、私が思うところを述べていきます。今日述べるポイントに関しては、いろいろな葬儀サイトでも述べられているので、目新しいところはあまりありませんが、一応基本事項として知っておいてください。 まず葬儀費用について語る前に葬儀屋サイ ...
!-- 日時表示終り -->

お客様からの電話で、第一声が「お葬式っていくらかかるの?」というケースが数年前は良くありました。こういう場合日本消費者協会が調査した葬儀費用の平均価格を答える葬儀屋さんもいるようですが、この数字をあてにしてはいけません。なぜかはこのページ(マスコミが報道 ...
!-- 日時表示終り -->

以前インターネットを使った葬儀社の選び方について述べました。インターネットによって売り手と買い手の情報の格差は急激に是正されています。今後は馬鹿高い金額を要求する葬儀社や、サイトを持っていない葬儀社は、消費者に見向きもされない時代がくるでしょう。いいこと ...
!-- 日時表示終り -->

数年前にヘッドハンティングの体験をしたお話です。知り合いの葬儀屋さんから「ウチ来ない?」と言われたという求人の話ではなく、ヘッドハンティング専門(業界ではヘッドハンティングという言い方ではなく、エグゼクティブサーチという言い方が正しいらしいんですが)の会社 ...
!-- 日時表示終り -->

サブタイトルはARTISANタイプとのつきあい方です。葬儀屋に就職したばかりの方は、今必死に仕事を覚えていると思います。どの業界もそうなんでしょうけど、一年目が一番きついはずです。がんばってください。それからアドバイスとしては、ARTISANタイプの先輩がいる場合、失 ...
!-- 日時表示終り -->

葬儀業界に入ってきた新人は早い子なら半年くらいで、担当のまねごとを始めるでしょうね。メンタル的に強い新人であっても、葬儀の現場のプレッシャーはかなりのもんです。やり直しがききませんからね。プレッシャーを感じないという新人がいたら、それはハートが強いのでは ...
!-- 日時表示終り -->

葬儀社経営者から見た「デキル」葬儀担当者とは、どんな人でしょうか?別に葬儀社に限らずデキル社員て「稼ぐ」人でしょうね。お客さんへの請求金額の大きい人、もっと具体的に言うなら利益率の高い祭壇や棺の、より高いものを売ってこれる人?。どんなビジネスの世界でも「 ...
!-- 日時表示終り -->

葬儀屋さんが自分の担当するお葬式の質を上げる、シンプルな方法をお教えします。お葬式の質を上げると言っても、地方のしきたりや、社風や、社内のポジションによっても方法論はいろいろあると思います。で、お葬式に限りませんけど質を変える最もシンプルな方法は量を変え ...
!-- 日時表示終り -->

葬儀屋さんのスケジュール管理の話の続編です。半年前から使っているのはこれです。リメンバーミルクhttp://www.rememberthemilk.com/ネット上のタスク(仕事)管理ソフトです。リメンバーミルクのいいところは1予定日を何度も再設定できる葬儀屋の予定の不確実性に関しては ...
!-- 日時表示終り -->

手帳ブームみたいなのが一時期(今もか?)ありましたけど、私のスケジュール管理の方法を話したいと思います。葬儀屋さんのスケジュールの特徴は予定が立たないこと。人はいつ亡くなられるか分かりませんからね。一度葬儀依頼が発生すると、打ち合わせ→通夜→葬儀とまるま ...
!-- 日時表示終り -->

↑このページのトップヘ