考える葬儀屋さんのブログ

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。 葬儀費用が心配な方、 お葬式のマナーを知りたい方、 葬儀社への就職を考えている方、 エンディングノートに興味のある方など 是非お立ち寄りください

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。
月間アクセス45万PV(ページビュー)達成。ライブドアブログ OF THE YEAR 2015 受賞。
ありがとうございます!

「葬儀式場フィッシング詐欺」ってなに?と思われた方も多いでしょうね。私の造語です。 そもそもフィッシング詐欺とは、本物そっくりの偽メールや偽サイトを作成し、ユーザーをだまし、パスワードなどの個人情報などを盗み取る犯罪のことです。 では式場フィッシング詐欺 ...
!-- 日時表示終り -->

葬儀屋を始めて15年ほどになりますが、日々自分の担当するお葬式で涙を流したことは一度もありません。反論覚悟で言いますが、葬儀屋は葬儀で泣くべきでは無いと思います。 肉親を亡くすという人生最悪の時間を過ごしている遺族には、ドラマのような感動はなく、シビアな ...
!-- 日時表示終り -->

今回は葬儀の挨拶のアドバイスです。 お葬式の際、遺族の方が、会葬者に対して挨拶をするケースが多いと思います。私は自分の身内が亡くなったとき遺族代表の挨拶をやったことがあります。やってみると分かりますが、あれは大変です。精神的にも不安定で疲れていますし、人 ...
!-- 日時表示終り -->

ちょっと語弊があるかもしれませんが、担当していて「楽な」お客様が、たまにいらっしゃいます。それはコンプレイン(不平不満)が多いお客様です。 接客業をしている方は、「えっ、コンプレインが少ない」の間違いじゃないの?と思われるかもしれません。いいえ、コンプレ ...
!-- 日時表示終り -->

映画「おくりびと」のヒットは総合的には葬儀業界にプラスになったと思います。 これで葬儀屋の志望者もふえるのでは、という声が周りで聞こえます。しかし私は長期的には影響ないと思います。 まず納棺士という仕事を考えてみましょう。そもそも、「おくりびと」で描かれ ...
!-- 日時表示終り -->

文章を書くときのポイントは「おもしろくてためになる」ことであると「超文章法」の中で野口悠紀雄氏は述べています。私もできるだけその教えを実践しようと心がけています。ただし、このブログを読んでくれた方が「おもしろくてためになる」と思っていただいているかは、心 ...
!-- 日時表示終り -->

たまにお客さんから「なんで葬儀屋さんやっているの?」と聞かれることがあります。「いやー、気がついたら就職していました」と返すことが多いのですが。本当は「自分が中学の時に母親が亡くなって、大学の時に父親が亡くなったのがきっかけで、この業界を志して、就職活動 ...
!-- 日時表示終り -->

↑このページのトップヘ