考える葬儀屋さんのブログ

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。 葬儀費用が心配な方、 お葬式のマナーを知りたい方、 葬儀社への就職を考えている方、 エンディングノートに興味のある方など 是非お立ち寄りください

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。
月間アクセス45万PV(ページビュー)達成。
ライブドアブログ OF THE YEAR 2015 受賞。
著書「子供に迷惑をかけないお葬式の教科書」発売中です!

以前、病院と葬儀社の癒着について書きましたが消費者の方に向けて注意点を2つほど述べます。葬儀を行う葬儀社は決まっているけど、病院から自宅へのご遺体の移動は病院と契約している葬儀社に頼むという方がいます。これは危険です。葬儀の施行に至らないと判断した病院の ...
!-- 日時表示終り -->

前回(葬儀社と病院の癒着について)は「病院の出入りの葬儀社には頼むべきではないと思います。ただ、私の場合、上記の様に、病院に金を払って、葬儀費用に上乗せされているから・・・ という理由ではありません。」というところまでお話しました。今回はその理由です。病 ...
!-- 日時表示終り -->

最近(2009年)の病院と契約している葬儀社の事情についての話です。ある程度葬儀に関するサイトをお読みになった方ならご存じだと思いますが、葬儀社と病院の関係について、一般的にネット上で書かれていることを、まず簡単にまとめます。「病院内では、病院と契約した ...
!-- 日時表示終り -->

今回は葬儀担当者の責任についての話です。だいたい1件のお葬式に担当は一人です。通常病院にお伺いする→打ち合わせ→葬儀施行→アフターケアと行うわけです。その間に起こるトラブルはすべて担当の責任であると思うようにしています。例えば式中に大地震が起きて、式が中 ...
!-- 日時表示終り -->

「パレートの法則」は、良くビジネス系の本で使われている単語なので、皆さんよくご存じだと思います。ビジネス系の本では「仕事の成果の8割は、費やした労力のうちの2割の労力で生み出している」というような意味で使われますね。だから要領のいい新人は、その2割の労力の ...
!-- 日時表示終り -->

先日パレートの法則の話をしました。(葬儀の担当者はパレートの法則をうまく生かせない)葬儀の担当者はいつも緊張感いっぱいという話です。自分は楽観主義者だと思います。しかしこと葬儀の仕事に関してはいつも何かやらかすのではないか、といつもびくびくしています。た ...
!-- 日時表示終り -->

前回(葬儀屋の給料について 1/2)の続きです。葬儀屋の給料って実力を反映してます。なぜなら葬儀屋の人件費には市場原理(=競争原理)が働いているからです。消費者が葬儀社を選ぶ際には、情報格差のため市場原理はなかなか働きません。ダメな葬儀社でも消費者に選ば ...
!-- 日時表示終り -->

葬儀屋っていくらもらってんの?というお話です。以前、自分の給料の話をちょこっとしました。で葬儀業界全体の給料の話をしようと書いていたんですが・・・先日こんな記事を見つけました。「おくりびとの平均年収はいくら。葬儀業界の収益構造と給料の実態。」葬儀屋の給料 ...
!-- 日時表示終り -->

自分の給料とお金に対する考え方の話です。高校時代の同級生だった友人に以前、こんなことを聞かれました。「(葬儀屋やってんだから)ベンツか何かに乗ってんの?」乗ってません、というか普通の車も持ってません、というか買えません(T_T)今住んでいるところは2DK ...
!-- 日時表示終り -->

以前葬儀屋にはホスピタリティが必要と申し上げました。参照ページ(葬儀屋に必要な能力 )しかしホスピタリティという理念は唱えているだけでは念仏と同じで、行動で表さないとあまり意味が無いと思います。(この表現は、仏教界から反発あるかもすいません(^_^;)ホスピタリ ...
!-- 日時表示終り -->

↑このページのトップヘ