考える葬儀屋さんのブログ

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。 葬儀費用が心配な方、 お葬式のマナーを知りたい方、 葬儀社への就職を考えている方、 エンディングノートに興味のある方など 是非お立ち寄りください

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。
月間アクセス45万PV(ページビュー)達成。
ライブドアブログ OF THE YEAR 2015 受賞。
著書「子供に迷惑をかけないお葬式の教科書」発売中です!

前回葬儀は高いという問題と葬儀屋を嫌うという問題を深く考えてみる2/3では葬儀の価格設定が、適切な程度を越えてしまうのは、葬儀屋さんのモラルが低いという理由だけではなくモラルの逸脱を許してしまう、商品特性によるものであるという話をしました。その解説です。 ...
!-- 日時表示終り -->

今回は葬儀は高いという問題と葬儀屋は嫌われるという問題を二つの観点から問題を掘り下げてみます。Ⅰ 人件費の問題葬儀屋の勤務実態が5K(きつい・汚い・危険・帰れない・休暇取れない)なのはこのブログをお読みいただければ分かると思います。もう一つのK(けがれ) ...
!-- 日時表示終り -->

なぜ葬儀屋は嫌われるのか、でも少し触れましたが 葬儀は高いという問題と葬儀屋は嫌われるという問題を別の切り口で少し掘り下げて論じます。世間の葬儀と葬儀屋に対する認識は葬儀屋は不当に高い利益を得て、遺族からお金をぼったくっている。ひどい。というものです。そう ...
!-- 日時表示終り -->

こんなタイトルですけど、別に男もきれいになろう、っていうテーマではありません。いえ、きれいになってもいいですけどね(^^;)伊勢丹メンズ館化粧品売り場の情報はこちらです。伊勢丹メンズ館に1Fから入るとすぐ化粧品売り場です。さあ、店内に入ってみてください。なに? ...
!-- 日時表示終り -->

地方によっても異なると思いますが、私の地域ではお葬式の最後で、祭壇に飾ってあったお花を、遺族や参列者が御棺に入れます。そして御棺のふたを閉めて、出棺となるわけです。このとき、御棺のふたを閉めるタイミングについてのお話です。先日「お名残は尽きぬと存じますが ...
!-- 日時表示終り -->

以前、病院と葬儀社の癒着について書きましたが消費者の方に向けて注意点を2つほど述べます。葬儀を行う葬儀社は決まっているけど、病院から自宅へのご遺体の移動は病院と契約している葬儀社に頼むという方がいます。これは危険です。葬儀の施行に至らないと判断した病院の ...
!-- 日時表示終り -->

前回(葬儀社と病院の癒着について)は「病院の出入りの葬儀社には頼むべきではないと思います。ただ、私の場合、上記の様に、病院に金を払って、葬儀費用に上乗せされているから・・・ という理由ではありません。」というところまでお話しました。今回はその理由です。病 ...
!-- 日時表示終り -->

最近(2009年)の病院と契約している葬儀社の事情についての話です。ある程度葬儀に関するサイトをお読みになった方ならご存じだと思いますが、葬儀社と病院の関係について、一般的にネット上で書かれていることを、まず簡単にまとめます。「病院内では、病院と契約した ...
!-- 日時表示終り -->

今回は葬儀担当者の責任についての話です。だいたい1件のお葬式に担当は一人です。通常病院にお伺いする→打ち合わせ→葬儀施行→アフターケアと行うわけです。その間に起こるトラブルはすべて担当の責任であると思うようにしています。例えば式中に大地震が起きて、式が中 ...
!-- 日時表示終り -->

「パレートの法則」は、良くビジネス系の本で使われている単語なので、皆さんよくご存じだと思います。ビジネス系の本では「仕事の成果の8割は、費やした労力のうちの2割の労力で生み出している」というような意味で使われますね。だから要領のいい新人は、その2割の労力の ...
!-- 日時表示終り -->

↑このページのトップヘ