流行ってますね、インフルエンザ。
と、珍しく時事ネタではじめてみましたが、
しっくりこないですね(^^;)

数ヶ月前、もしパンデミック(感染症の世界的流行)が起きたときの
自社の運営シミュレーションデータ作成の指示を上司から受けました。
自分が勤めている葬儀社が営業活動を全部停止させて葬儀施行に注力したら、
お葬式の最大施行件数は何件かを割り出したわけですね。

でも、よくよく考えてみるとパンデミックが起こったら、
日頃から疲労が蓄積して免疫力が低下している状態のまま人混みで仕事をする
葬儀屋さんが、まっさきに倒れてしまうだろってことに途中で気づきました(^^;)

火葬許可証(病院で発行された死亡診断書を役所に提出して火葬許可証をもらって初めて法的に火葬が可能になります)には
「一類感染症等」か「その他」どちらかに○をする欄があります。

これは何のためかというと
通常亡くなってから24時間以内の火葬は法律で禁止されているのですが
(脳死ではなく心停止で死亡確認していた時代は、生き返る人がまれにいたためだと言われてます)
一類感染症等などパンデミックを引き起こすご遺体は、
感染拡大防止のため即座に火葬することが認められているためです。

以前ある葬儀社の新人さんが、
エイズでお亡くなりなった方の火葬許可証の申請書を書く際、
一類感染症等に○をしてしまったという話を聞いたことがあります。
もちろん、これは間違い。
一類感染症はエボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘瘡 (天然痘)、南米出血熱、ペスト、マールブルグ熱、ラッサ熱の7つだそうです。(ウィキペディアより引用)
なんかどれも怖そうな名前です。

病院

病院を訪れた段階で、葬儀屋さんには、
故人が何の病気で亡くなったか分からないというリスクがあります。

結核の場合は隔離病棟なのでわかります。
しかしそれ以外の感染症だった場合はお手上げです。
(ちなみに結核の方の場合は亡くなった後でも、
空気感染をする可能性があるといわれています。
そのため医療用マスクは必需品です)

血液が体外に流出しているご遺体もあり、血液感染を起こす危険が常にあります。

病院を訪れた葬儀社には死亡診断書の病気の内容を開示することを義務づける法律を作ってくれないか、といつも思います。

とはいうものの、感染症を苦に自殺した方の場合は、
死亡診断書には自殺としか表記されないので、葬儀屋にはわからない。

結局、葬儀屋が「自衛」するしかないというのが、現実です。

次回は葬儀屋さんの「自衛」の方法についてです。


<2009年11月09日>記載