このところブルーオーシャンの話題を続けています。

でいよいよ本題。
ブルーオーシャンのフレームワーク(考え方の枠組み)を、
葬儀業界に当てはめてみたらどうなるのかっていうのに挑戦してみます。

これから述べることは、
この本を読んでもらうのが一番わかりやすいと思うのですが




サイトではこのページ(投資学研究室)がよくまとめていらっしゃると思います。

「いかに、競争のない新しいマーケットを探してコストを押し下げながら、
顧客にとってのバリュー(価値)を上げるか」
っていうのがポイントですね。

まずは「フォーアクションフレームワーク」の補助ツールである
ERRCグリッドを描いてみたいと思います。(別名 アクションマトリクス)


アクション・マトリックスとは、
現状の業界に対して、新たな価値が生み出せないか
を考えるための4つのアクションを表します。
■取り除く(除去)
業界常識として備わっているもののうち、取り除くべきものは何か
■増やす(増加)
業界標準と比べて大胆に増やすべき要素は何か
■減らす(減少)
業界標準と比べて思い切り減らすべき要素は何か    
■付け加える(創造)
業界でこれまで提供されていなかったもので、今後付け加えるべきものは何か

これを葬儀業界に当てはめてみたのがこの図。

アクション・マトリクス

一から私が考えたのではなく、一部現在の葬儀業界の傾向を織り込んでます。

それでは補足説明を。

まず向かって左側のエリア。

祭壇や寺院報酬(御布施)などにかける費用が減少傾向にあるのは、
皆さんご存じだと思います。
今は単なる「減少」傾向にありますが、
将来的には消滅(除去)になる可能性もありますよね。
実際直葬の場合は、全然必要としていない項目ですし。

次に右上、「増加」の項目。

霊安室の付加価値っていうのがちょっと分かりづらいかもしれません。
こちらのページをご覧ください(参照ページ:霊安室

情報提供の増加に関しては事前相談、特に生前契約の部分が増加しそうですね。

で右下の「創造」の部分。

これらの項目はまだビジネスに成長していませんが
兆(きざ)しはありますよね。

「個別の演出」に関しては、故人の趣味や人柄をいかしたディスプレイなど、
一部の葬儀屋さんでは普通に行われています。
たまにやり過ぎもありますけど・・・(参照ページ:感動葬儀屋の危うさ

「公的手続き」に関してはこちらの活動とか

それから「グリーフワーク」に関して GSI さんの活動とか。
最近宗教にグリーフワークのパワーが無くなってきていると思うのです。
そこを補完する代替品が必要とされているのではないかと感じます。

ただ「公的手続き」も「グリーフワーク」も、
大手の参入を防ぐ障壁があるかどうかですね。(零細企業目線での話ですが)

信託銀行の代理店も自由化されていますし(参照ページ
「公的手続き」に税理士や司法書士を絡ませていくのであれば、スケールメリットが合った方が有効に機能すると思います。

「グリーフワーク」も、自助グループ的な活動を取り入れるのであれば、
これもスケールメリットがあった方がいい。
対象者が多い方が、レバレッジが効きますからね。

今後大手のなかでもフットワークの良いところがこれらの分野に参入してくると、
私は見ています。

このアクション・マトリクスを念頭に置きながら
次回は「戦略キャンパス」を描いていきます。


<2009年12月08日>記載