では具体的なお葬式の音源作りの説明です。

・ノートPCとiPodを用意する
・iTunes Cardを買う(コンビニでも売ってます)
・iTunesをダウンロードする。
・iTunesストアで欲しい曲を検索する

と、ここまでは普通のiTunesユーザーならやっていることですよね。

iTunesストア上には
探している曲が有名な曲なら(LET IT BEみたいな)オリジナルだけではなく
いろんなカバーやバージョンの音源があるはずです。
お葬式にはBPM(曲のテンポ)が低めで、音数少なめのバージョンが似合うので、
これはアリかなと思う曲は一通りダウンロードしておきます。
(iTunes ストアでは曲の一部を視聴できます。
もちろんダウンロードしたあと全部聞いてみると、
こりゃ無しだな、っていうのもありますが)
ちなみにオルゴールバージョン、ピアノソロバージョンなどは、OKの事が多いです。あとはジャズ、ボサノヴァ系もいいかな。

音源をかき集めたなら、今度は進行に合わせてプレイリストを作りましょう。
(プレイリストの作り方)
プレイリストの名前には
「田中家献花」とか「田中家献奏」などの名前を、
音楽を流す状況に応じて付けていきます。
時間に余裕があるときは、遺族に1曲ずつ聞いてもらって、
プレイリストを作っていきます。

無宗教葬の場合は、司会と照明と音響を担当1人でやることが多いので、
できるだけ本番でシンプルなオペレーションができるような準備が必要です。


<2010年02月07日>記載