先日発売された週刊ダイヤモンド【10/02/13号】についてです。

週刊ダイヤモンドは葬儀特集になると
ゴシップ系の煽(あお)り文句が踊るっていう傾向がありますね(^^;)

消費者不安を煽って部数を売ろうという
週刊ダイヤモンドの姿勢は理解できなくもありませんが
葬儀業界がなめられっぱなしなのも癪(しゃく)なので、言わせてもらいます。
て、ことで今回は煽り気味の内容(^_^)

今回の特集で一番ひどい(というか頭が悪い)のが葬儀社ランキング

「第五章 葬儀社「対応安心度」ランキング
四つの調査で実力測る 葬儀社も比較の時代に
Ranking 都道府県別 葬儀社 対応安心度ランキング」

まぁ全体の配点基準が不透明でぼんやりしているのは見逃すとしましょう。
このランキングは葬儀社を100点満点で評価しているのですが、
そのうち最も高い30点分の比率を占めているのが、「郵送アンケート」の項目
です。
これは葬儀社にアンケートを郵送して質問項目の回答を得点化したというもの。

これが問題。

週刊ダイヤモンドをお持ちの方は葬儀社ランキングの得点表を見てください。
過半数の葬儀社が0点です。
これはつまり、
アンケートを編集部に送り返さなかった葬儀社は0点にした
っていうことでしょう。
一方、アンケートを送り返した葬儀社の(自己申告の)回答に対しては
鵜呑みにして、裏を取らず、得点を与えている。

つまり
葬儀社の評価で最も重要なのは、
週刊ダイヤモンド様のお送りになられた
ありがたいアンケートを送り返したか否か

であると言っているに等しい。

正気か?

その結果、「えっ、この葬儀社がこの得点?」という結果になっています。

そりゃ、送られてきたアンケートは送り返すのに越したことはありません。
でも過去の週刊ダイヤモンドの葬儀特集の記事を読んで、
警戒した葬儀社もいたかもと思うと・・・

過半数の葬儀社からアンケートを回収できなかった時点で、
採点基準にすべきではないと思います。

ちなみにこのページを監修したのは
二村祐輔 (ふたむらゆうすけ)

うーん、なめられてるなぁ、葬儀業界。

葬儀業界の本質的な問題点を指摘されるなら大いに結構なのですが
(実際このブログでも度々指摘しています)
このレベルの記事をのせるって事は
葬儀業界だけでなく、お金払ってこの本を買う読者のことも
なめていると思います。


<2010年02月08日>記載