「葬式は、要らない(幻冬舎新書)島田 裕巳 」の批評を行いつつ、
葬儀費用に関する言論の問題点を指摘します。

(私のブログの他の記事をお読みいただければ分かりますが、
葬儀業界・仏教界の改革は今後も是非必要だと私は考えているということと
新宗教に関する島田 裕巳氏の著作には教わる点は多いと思っているということを最初に断っておきますね。)


葬儀費用について書かれた文章があったとして、
その文章が信用できるかどうかを簡単に見分ける方法があります。

それは
財団法人日本消費者協会の発表する「葬儀についてのアンケート調査」

のデータを引用しているどうかです。

このデータを引用している文章は、信じてはいけません。

この「葬式は、要らない」という本の主旨は
「葬式は贅沢だ」だから「葬式は、要らない」
という論理展開です。
そして、「葬式は贅沢だ」の根拠として
日本消費者協会の「葬儀についてのアンケート調査」を引用しています。

日本消費者協会の発表する「葬儀についてのアンケート調査」の数字は
統計と呼ぶにはあまりにもデタラメです。
その点についてはまず
マスコミが報道する葬儀費用のウソ 1
をお読みいただけますでしょうか。

日本消費者協会の「葬儀についてのアンケート調査」を引用するダメな書き手には以下の3つのパターンがあります。

そして島田 裕巳(しまだ ひろみ)氏には
今回それらのパターンが全部当てはまっているようです。

1 資料やデータの読み込みが甘い
「葬儀についてのアンケート調査」については、
日本消費者協会から調査書を取り寄せて目を通せば、
明らかにずさんな統計の取り方をしていることに気付くはずです。

またグーグルで「日本消費者協会 葬儀」と検索すると
このブログの上記の記事が5位と6位で表示されます。
(2010年2月13日現在)
このようにネットをちょっと調べても
日本消費者協会のデータがおかしいことが分かるはずです。

これらのことに気づかないということは、
適当に書き流している文章であるということです。

島田 裕巳氏は本書の19ページで日本消費者協会のデータを真に受けて
「東北の葬儀費用は四国の倍かかる」
と書いています。

そんなわけないじゃん(^^;)

前書きで「しきたりも現在では地域差がなくなり」って書いてるんですから
日本消費者協会のデータが間違っているのでは・・・
って思うでしょ。フツー。
素直なことはいいことですが、学者としてはダメでしょう。
過去に人を信用して苦労されているはずなのに・・・(>_<)

2葬儀業界を取材するというフィールドワークを行っていない。
日本消費者協会のデータを鵜呑(うの)みにすると
葬儀1件において葬儀屋がもらっている金額は
平均180万円ということになります。
しかしこんなに稼いでいる葬儀社は実際皆無です。
葬儀屋さんはうすうす日本消費者協会のデータが間違っていることに気付いています。
(ただ一部の悪い葬儀社が「ウチなら全国平均より安くできますよ」と
アピールするために日本消費者協会のデータを悪用しています。)
葬儀屋さんに取材を行えば、
日本消費者協会のデータを引用するような愚は犯さないはずです。

「葬式は、要らない」には
仕事柄普段から業界紙や葬儀関係の文献を読んでいるものからすると、
目新しいことはほとんど書かれていません。
それは、まぁこの本が初心者向けだから良いとして、
他にこれまで述べられなかった「新しい視点」を
何か書かれても良かったのではないでしょうか。
まだこの本(お坊さんが困る仏教の話)の方がおもしろいです。

資料の寄せ集めでなくフィールドワーク(葬儀屋さんや仏教関係者への取材)を行えば、もっと良いものが書けたと思います。

3本当は日本消費者協会の「葬儀についてのアンケート調査」が間違っていることにうすうす気付いているが、葬儀社批判の本を売りたいがため、あえて引用する。

悲しいかな葬儀屋はよく世間から叩かれます。
(参照ページ:なぜ葬儀屋は嫌われるのか
(参照ページ:葬儀は高いという問題と葬儀屋は嫌われるという問題を深く考えてみる
もちろんこれまでの葬儀屋の行いにも多くの原因があり、
それは深く反省すべきです。
しかし一方で葬儀屋を必要以上に悪者にし、消費者不安を煽り
本が売ろうとする輩(やから)がいます。
(参照ページ:気は確かか?週刊ダイヤモンド

要はもの書きの良心や誠実さよりも、
マーケティングを最優先しているということです。

「葬式は、要らない」の出版社は幻冬舎です。
幻冬舎社長の見城氏の著作を読むと幻冬舎はどの出版社よりも、「売れる」ことにこだわっているようです。

おそらく最初に
あの「島田 裕巳」にお葬式批判の本を書かせれば売れるんじゃないか
という編集サイドのマーケティングありきだったのではないでしょうか。
(実際、売れているようです)

もちろん商売ですから売れることを考えるのは大切です。

しかしこの本に書かれている、史実・視点・意見はほとんど過去に誰かが述べていることです。
それだけならまだしも、間違ったことが書かれています。

実際もう100万円を切るお葬儀は全然珍しくありません。
ことさら葬儀の実態からかけ離れた金額を持ち出して、
葬儀業界を非難するのはやめてください


以上が日本消費者協会の「葬儀についてのアンケート調査」のデータを引用する書き手の3つのパターンと
「葬式は、要らない」の批評です。

それからこの本の不満点をもう一つ。
(まだ言うか(^^;))

島田 裕巳氏の葬式仏教に対する考え方には私も多くの点で賛成します。
しかし葬式仏教を否定して、葬式を否定して、
そしてその先をどうするのかということについて本書であまり触れられていないのが不満です。
そこは自分で考えろということかもしれませんが
遺族の「故人を弔(とむら)いたいという気持ちの処理」に関してはほとんど述べられていません。
もちろん葬儀は遺体の物理的な処理だけでよい
という遺族に対してはこの本で十分でしょう。
でもそうではない方がほとんではないでしょうか。
お金の問題ももちろん分かりますが、心の問題はそれ以上に大切でしょう。
それについて(この本が初心者向けなら、なおさら)
もっと意見を述べるべきではないでしょうか?
島田 裕巳氏は宗教学者なんですから。



「葬式は、要らない」島田裕巳氏のインタビューを読んで
、に続きます。


<2010年02月14日>記載