一般的な合掌に関してはウィキペディアを読んでもらうとして
今回はちょっと違う合掌の話です。

故人を病院から搬送する際や、御棺にお納めする際、
故人の両手の指を交互に組んで、手を合わせることが多いと思います。
(↓下図参照)
合掌


多分、この合掌は、
真言宗の金剛合掌とも異なり
故人の両手を固定することを優先したため
このような形にしたのだと思います。

このときの故人の「正しい」合掌の仕方
が今回のテーマです。

一度、自分の両手で同じように手を組んでみてください。





どうです、やっていただけましたか?





そのとき、どちらの手の親指が上にきてますか?


もし右手の親指が上に来ていたら、「先天的には」右利き。
左手の親指が上に来ていたら、 「先天的には」 左利き

らしいです。

日頃右利きなのに左手の親指が上に来ていたら、
それは先天的には左利きなのに
右利きに矯正された方とのこと。

この見分け方は10年くらい前の「ニュートン」で読みました。
(同様の見分け方として、
腕を組んでみて、下に来る腕が利き手側というものがあります)

で、何が言いたいかというと

右利きの葬儀屋さんは故人の手を組んで合掌させるとき、
おそらく無意識に故人の右手が上に来るように、
手を組んでいると思います。

でも故人が左利きの場合は左手が上に来るように合掌した方が
「自然」(人体の生理にかなっている)なのではないかと。

もうちょっと詳しく説明すると

故人が
先天的に左利き→右利きに矯正
というケースは良くありますが
先天的に右利き→左利きに矯正
というケースは珍しいと思います。

であるなら
生前左利きだった人は先天的にも左利きであった
と考えて、
合掌する際は左手が上にくるように合掌したほうが
自然ではないかと・・・

ただしこの利き手の判定の仕方も、私の論理も絶対とは言えないので
即実戦というのは保証できません。

ただ蘊蓄(うんちく)を語りたい、
という方はこのネタをどうぞご自由にお使いください。
失礼しました。


<2012年06月08日>記載