今回の記事は、業界のほとんどの方の同意を得られないかも・・・
まっ、軽く読み流していただければ(^_^)

さて、先日こんな質問がMSN質問箱に投稿されました。


「娘が大学4年で、大手の葬儀屋から内定を貰ってきました。
ビックリしています。折角大學まで出したのに、
何故葬儀屋なんかになるの?
穢れた職業よ(偏見ですが)絶対受け入れられません。
娘は「葬式の司会をする」仕事だと説明されたそうですが、
死体に触ったりするのではないでしょうか。
一体大手の葬儀屋で大卒で就職した場合
どのような仕事をするのでしょうか?」
(引用終わり)

大学

まず思ったのは、この娘さんは賢いね。
娘さんは葬儀屋さんの仕事って「葬式の司会をする」だけじゃない、
ってことは十分承知のうえだと思います。
でもこんな親だからホントの事言ったら反対すると思って、
「葬式の司会をする」だけ
って言い方をしているのだと思います。

この親御さんの考えはひどいと言えばひどいのですが、
現実問題としてこのような考え方をする人は
(言いたいのを我慢しているケースも含めると)
結構いらっしゃると思います。
この問題のうち葬儀屋に対する嫌悪に関しては以前

葬儀は高いという問題と葬儀屋は嫌われるという問題を深く考えてみる1/3

なぜ葬儀屋は嫌われるのか? 1/4

という記事を書きましたので、こちらをお読みいただけるとありがたいです。

また
葬儀社に就職したい!人のためのノウハウ 4/5
でも、葬儀屋就職への最後のハードルは親、と述べています。

で今回俎上(そじょう)に載せたいのは
折角(せっかく)大学まで出したのに、何故葬儀屋なんかに
のところ。

わたしも就職活動の時、同じようなことを言われたことがあります。
会社訪問したくて電話をかけた先の、葬儀屋さんに・・・(^_^;)
葬儀屋自身が「大学を出てまで・・・」って言ってるんだから、
そりゃ親御さんは言うよね。

まぁ「大学を出てまで・・・」と言っても
最近はどこの大学でも良いなら誰でも行ける時代なんですけどね。

それに、実は高学歴な葬儀屋さんて、最近はそれほど珍しくないんですよね。
確かに私の同僚にはほとんどいませんけど、知り合いの葬儀屋さんには
国 立・六大学クラスの葬儀屋さんがいるらしいです。
(慶応・立教・青学の出身者よりも早稲田・明治・法政の出身者が多いのは、
いかにもですけど。)

ところで高学歴(ここではいわゆる一流大学卒って定義します)の優位性について
考えてみると、
高学歴という付加価値が、葬儀業界で有利に働くケースは
ほとんどないと思います。
大手を中心に大卒の新卒者を採用しだしたのはこの10年くらいなので、
学閥なんてのもないですし。
つまり葬儀業界では高学歴の優位性を活かせないので、
確かにもったいないとも言えそうです。
しかし、そもそも今のご時世、一流大学出てることが無条件に有利な仕事って、
擬鏐餡噺務員の一部と都市銀行くらいしか私には思い浮かびませんけれども。

では傾向として高学歴者と低学歴者とで、
葬儀屋さんとしての実務能力の違いはあるのでしょうか?
アカデミックな教養が仕事のパフォーマンスに反映されるかってことですね。

葬儀屋に必要な能力でも述べたように、葬儀屋さんには
ホスピタリティとタフネスが不可欠、
逆にこれらさえあれば、あとは何とかなります。

ということで、高学歴と低学歴では、
葬儀屋として明白な能力の違いはありません


しかし、であるならば、
むしろ高学歴の人に葬儀業界に来て欲しい
と私は思うのです。

なぜなら冒頭の親御さんのように、
葬儀屋さんに嫌悪感を感じている人というのは、
論理よりも感覚に引きずられるタイプです。

そういう人はハロー効果に弱い。

ということは、葬儀屋だけど高学歴、っていうのが
彼らのような人間の、葬儀屋に対する考えを
最も効果的に改めさせることができる
と思うのです。

だからあえて高学歴の人に葬儀業界に来てほしいと思うのですが・・・

いかがでしょ?

そんなわけで、
学歴の価値がなくなりつつある昨今にもかかわらず
この業界に一流大学出身者が普通に入ってくれるようになればいいなぁ
と思う今日この頃。
でも、実現するころには学歴の価値はほとんどど無くなっているかも・・・


<2010年05月22日>記載