葬儀社の新人スタッフがデビューして
お葬式の担当を持つようになってくると
業務内容がブラックボックスになりがちです。

特に病院対応や御安置や御納棺の際、
御遺体に対し真摯(しんし)で丁寧な態度で接しているか、
というような点にはなかなか目が届きにくいものです。

最初は丁寧だったのに
次第に雑になってくる担当者も中にはいますし。

そのあたりは
遺族がいないところで、故人を話題にするとき、
故人に対して敬語を使っているかどうか

で見分けるようにしています。

「○○様が御到着されたので、霊安室でスーツをお着せしました。」

御遺族がいらっしゃらないときでも、こういう言葉使いをしていれば、大丈夫。

ダメな担当は故人への言葉使いが「人からモノ扱い」になっている。

「御遺体が着いたので、霊安室でスーツを着せました。」

こういう場合は要注意。
大体、雑な納棺をしています。

これを
「故人への言葉使いと態度は一致する法則」
と名付けましょうか。

長いな(^^;)

「言動一致の法則」
でいいですね。


<2010年05月24日>記載