今回紹介するのはこちらの本
神田昌典氏の「口コミ伝染病」

いまどき神田昌典氏の書評を書くのもちょっと恥ずかしいのですが(^^;)

葬祭業に関して述べている部分があったので、
ちょっとからんで見たいと思います。

さてこの本で述べられているのは以下の内容。
・商品を売るには口コミが有効
・口コミを有効に機能させるには
「誰とでも話題にできる(しやすい)」 と 「(商品を)複数人数で利用できる」
ことが必要。

そして、口コミが機能しづらい業種のモデルケースに挙げられたのが、葬祭業。
で、対策として考えられたのが下の図。
神田昌典

葬祭業は左下のマス目にあり、これを右上のマス目に持って来れれば
口コミでブレイクできる。
(画像が粗く見づらい方は画像をクリックしてみてください)

ここで神田氏は
お葬式の勉強会をやると、マスコミ報道などで話題にのぼりやすい。
参列者に社名の入ったしおりを配ると複数人数に伝わりやすい。
という工夫(?)を提唱しています。

でも右上のマス目に持っていく方法については
結局触れずじまいなのが、残念。
ちなみにこの本が出版されたのは2001年
現在(2010年)の葬儀屋さんならお分かりですね。
正解は「お葬式勉強会とその他のイベントを組み合わせる」だと思います。
神田昌典2

例えば、集客イベントとして、お葬式勉強会以外にも
フラワーアレンジメントの教室などのカルチャースクールを開く
ノベルティを配る
地元の学校のブラスバンドの演奏会をやったり、
同じく地元の学校の絵画展をやったりする
(そうすると、家族や近所の人も足を運ぶので、集客効果倍増)

10年前ということを考慮すると
神田氏の着眼点は(不十分ながら)良かったと思います。
一方でこの10年間、葬儀業界もいろいろ集客に頭を使ってきて
そして世間の考え方や意識も変わってきた
ってことも言えるのではないでしょうか。

最近は「近所の人から評判を聞いて」という
口コミ経由のお客様も珍しくなくなりました
よね。


<2010年06月30日>記載