最近、火葬場で耳にするヒソヒソ話に多い話題なんですが

「あいつ、全然現場のこと知らないくせに・・・」

どうもガチガチの現場派で中堅の葬儀屋さんの中には
異業種から来た人や、社長の息子(いい大学出てることが多い)が
自分の上(経営陣)に就くと異常に毛嫌いする方がいるようで。
社長

気持ちは分からんでもないですが、
ただそういう人にはこう申し上げたい。

じゃ、あなたが経営をやればいいじゃない。

「いやいや、自分がいなくなると現場がまわらないから」
自分がいなくなっても
現場がまわる仕組み作ったり、人材を育成するのが
現在中堅かつプレイングマネージャーである、あなたの仕事でしょう。
それが出来ないようでは、ダメ。

「現場の仕事が、一番好きだから」
じゃ、経営は他の人に任せましょうよ。

野球でいうと
ピッチャーの技術を極めていけば、監督としてつとまるか、
というと必ずしもそうではない。

つまり
葬儀の現場仕事の延長線上に「経営」はないと思います。
(逆に経営だけ詳しくても、現場は知らなくていいのかというと、それはそれで限界がありますが)

葬儀業界紙の大手葬儀社の社長インタビューを読むと
何となく大きくなったという葬儀社は無くて
初めに「大きくしたい」という意思があって、
経営を学んだ人の葬儀社が大きくなったという「必然」を感じます。
(大きい葬儀社が良いか、という議論は置いとくとして)

多分、葬儀業界に極端に零細企業が多いのは
現場上がりの葬儀屋さんに、
このあたりの意思と方法論が欠落しているのも原因の一つかもしれない、
などと偉そうなことを言ってみる(^^;)
現場仕事だけやってても、毎日は十分、充実しますからねぇ

であるならば、
現場上がりではない上司や経営者というのも
なかなかおもしろいのではないかと。

冒頭で紹介したような考え方の人は
上司が偉いとか、上にいるとか、そんな風に考えるからおかしくなるのであって
マネジメント部門をアウトソーシングしているだけ
と考えればいいんじゃないでしょうか。

料理を料理屋さんにお願いするのと、同じです。


<2010年08月04日>記載