最近、熱中症の被害がよく報道されていますね。

葬儀屋さんが熱中症で倒れたっていう話は今まで聞いたことがありませんが、
葬儀屋さんが熱中症になりやすい環境で働いているのも事実。

夏

この間も35℃の炎天下の中、お寺の本堂の飾りを行いました。
トラックを近くまで寄せられないところだったので、
結構、物を運ぶ距離がありました。

設営の時間は通常1時間から1時間半くらい。
物を運ぶときは常に走るようにしています。
歩くより速いって言う物理的な利点以外に
心拍数を一定以上に上げておくと、交感神経が働いて、
精神的・肉体的にむしろ楽だから(と自分では思っているから)

今までも夏場の水分補給には気をつけていましたが、
熱中症の報道の中で
15分おきに150ccのスポーツドリンクを補給すると良い
と言っていたので、今回は特に意識して
上記のように適切な水分と塩分の補給を心がけてみました。

で、実際やってみると、
効果有り。
あまり疲れない。
翌日の撤去もしかり。

今まで、
夏場は特に慢性疲労気味なので、ばてた状態が普通だと思っていたのですが、
水分と塩分の補給が足りなかったのだと反省。
そして今もって、パフォーマンスを上げられる方法が見つかったことがうれしい。
(ちなみにポカリスエットは糖質高過ぎなので×、
アサヒ飲料のスーパーH2Oがお気に入り)

余談ですが
夏場の設営は早く終わらせたいです。
熱いのがイヤって訳ではなくて(イヤなことはイヤなんですけど(^_^;))
御遺族が到着された際、汗だくの姿は見せたくないのです。

作業着から着替えて、
ネクタイをキュっと締めてピシっとした感じでお迎えしたい、
っていうのが私のスタンスなので。
とは言うものの、結構ヨレヨレの状態でお出迎えしてしまうことも
多々あるのですが・・・(>_<)


<2010年08月27日>記載