家族葬におけるケガの功名的な話です。

まずその前に「家族葬」の説明から。
(多少私の推測が加わっています)
お葬式に友人やご近所の方が参列するケースが普通だったころは
「本葬」と併存する言葉として「密葬」があったようです。
「本葬」に外部からの参列者をお呼びするので、
その前に身内だけですませるお葬式を「密葬」と呼んでいたようです。
ここから転じて、本葬を行わない場合でも、
身内中心の式を「密葬」と呼ぶようになりました。
しかし密葬では意味がわかりづらいので、どこかの葬儀社が商売上
消費者に意味が伝わりやすいように
「家族葬」
という言葉を作り出したようです。

つまり「家族葬」という言葉は宗教上の概念ではなく、
あくまで商売上生み出された言葉であり
厳密な定義はありません。
「家族を中心としてとりおこなう、小規模な葬儀」
くらいの解釈でよいと思います。

たまに
お客様から「家族葬とはどのようにとりおこなうのか?」
とのご質問を受けることがあります。

先程述べたように、宗教者・葬儀社の視点で見れば
家族葬はお葬式の参加者の人数だけの問題なので
なにか宗教儀式が省かれたりすることはありません。
われわれ葬儀社サイドとしては、
家族葬は必然的に参列者が少なくなるので、
小さい式場を提案したり、
準備するお返し物やお料理のボリュームを少なくしたりします。

その結果「家族葬」は低価格化するという傾向はあります。
家族
さて本題。

家族葬をご希望された、あるご家族のお話しです。

ご主人がお亡くなりになり、喪主である奥様と、お子さんの意向は
「家族葬」で行いたいということでした。
ただしご主人の特に親しかったご友人は5名ほど呼びたいとのこと。

葬儀屋さんならお分かりいただけると思うのですが
「身内だけにしか知らせない」と「関係者含めて全員に知らせる」
は簡単なのですが
「一部の関係者を限定して呼ぶ」は失敗してしまうことが多いのです。
最近は携帯電話やメールなど通信手段が発達したこともあり
参列の誘いをかけられた人が情報を漏らすと一気に伝わりやすくなりました。

喪主様にはそのリスクを説明した上で
・お伝えするご友人には「家族葬」である旨を伝えて、
情報を漏らさないよう念を押すこと
・万一漏れた場合の状況を想定して、できるだけの対策を自分が講じる
ことをお伝えしました。

その後、やっぱりというか「式場と日時」の問い合わせの電話が
10件以上かかってきました。(^_^;)

結局両日で100名ほどが参列されました。
この人数は「想定内」であったので
特に混乱無く葬儀を終えることができました。

仕方ないことだとはいえ家族葬ではなくなってしまったので
御遺族としては不本意な結果であろうと思っていたところ
「良かった」との感想をいただきました

もちろん認知不協和の回避の可能性も考慮すべきところですが
(参照ページ:お客様アンケートの評価を信じてはいけない!

どうも本心からおっしゃっている様子。

詳しくお聞きしてみると
「たくさんのご友人が来てくれて言葉をかけてくれた。
そして自分の知らない故人のエピソードが聞けた。
それで故人が多くの人に慕われていたことが分かってうれしかった。」
とのこと。
以前書いた記事にも関連する内容でした。
(参照:通夜の時間

だから家族葬はやめておきましょうという、という話ではなく
家族葬に失敗しても、こんなケガの功名もある
という話です。

また補足ですが
参列者が予想より多くお見えになったことで、
お返しものと食事代は多めにかかりましたが、
参列者は御香典も持参されたので、香典返しの分を差し引いても
参列者の増加分は赤字(という言い方が適切かどうかはわかりませんが)
にならないことが多いです。
(黒字にもなりませんが。
それからお香典のお返しものを発注する手間はかかります)

また私は葬儀屋さんなので、この記事を、
家族葬をやめさせて葬儀費用をつり上げるためのポジショントーク
と取られる方もいらっしゃると思います。
しかし社会状況の変化で、家族葬をやめて関係者全員に告知しても
参列者はやっと100名を超える程度のお葬式が多いのではないでしょうか。
外部の参列者が増えたことで増加する返礼品と料理は
私の会社の場合外部委託しているので、
表面的な売上高は増加しますが、
スタッフの仕事量が増える割に利益はあんまり増えないです。
念のため申し上げておきます。


<2010年09月21日>記載