最近発売された
週刊エコノミスト9月21日特大号
【特集】葬式と墓
・高齢化と生活苦で進む「葬式も墓もいらない」

の書評です。

まずは雑誌の葬儀特集のお約束、
島田裕巳氏のコメントが載ってます。
彼も、もうそろそろおんなじことを言うことに
飽きてきてるのでは(^_^;)

今週の週刊エコノミストは
挑発的なサブタイトルにもかかわらず
内容は至極まともでした。

この雑誌の内容がまともだったのは
執筆陣のチョイスが良かったからだと思います。
二村祐輔や市川愛を使わず
吉川 美津子氏、橋爪 謙一郎氏、高橋 繁行氏
が執筆されています。

吉川 美津子氏は以前このページでも紹介しました。
(参照ページ:葬儀社に就職したい!人の本

橋爪 謙一郎氏はこの本の著者


タイトルセンスはちょっと?なんですが、良書です。
ちなみにアマゾン内で「お葬式は要らない」というワードで検索すると
この本を関連図書としてすすめられます。
最初からこれをねらって、このタイトルにしたのなら、編集者は優秀かも。

高橋 繁行氏は取材姿勢と葬儀に関する知識において、
他のライターより頭ひとつ抜きんでていると思います。


この方々を私が評価するのは
葬儀業界は怖い、と消費者の不安感をあおって飯の種を作るのではなく、
業界の問題点を指摘しつつ、だから私はこうすればいいと思う
という意見を表明しているところ。


今後、エセ葬儀ライターを駆逐する勢いで
もっと活躍していただきたいと思います。


<2010年09月18日>記載