過去何度か日本消費者協会の「葬儀についてのアンケート調査」の
統計手法のまずさを指摘してきました。
(参照ページ:マスコミが報道する葬儀費用のウソ

来月(2010年10月)1日発売の「月間 消費者10月号」で
新しいアンケートの調査結果の一部が公表されるようです。

過去の発表年数は(調査時と発表時の多少のタイムラグはあるものの)
第6回 1999年
第7回 2003年
第8回 2007年
という4年おきの流れで来ていたので、
てっきり次回の第9回は2011年だと思っていたのですが、
1年前倒ししたようです。
この年度計画を見る限り
1年前倒しという変更に「葬式は、要らない」の影響が
あったのかなかったのか?
またモニターの回答に影響があったのかなかったのか?
(アンケート時期や数値が今のところ全くわからないので)
微妙なところです。

どちらにしても、「祭り」の予感です(^^;)


<2010年09月25日>記載