某互助会さんが11年ぶりに葬儀に関するアンケートを行い、
プレスリリースを行ったようです。
(参照:ヨミドクターの記事

今回の某互助会さんのアンケートにはいくつか疑問があります。

疑問1 アンケート対象者についての疑問

果たしてインターネットを使ったのは正解だったのでしょうか。
もちろん集客の手段としてのインターネットはどんどん存在感を増していますが、まだインターネットを使いこなせる方々は顧客層のど真ん中という感じではありません。
精度の面からは、母集団に偏りを生んでしまっているのでは?

疑問2 発表タイミングについての疑問

7月にアンケートを行ったようですが
なんで今頃発表なんでしょうか?
すでに今年7月に日比谷花壇さんが同様のアンケート結果を発表しています。
後追いで、
さらに小規模のアンケート結果を発表する意味はあるのでしょうか?

おまけに来月は、
真打ち(^_^)の日本消費者協会のアンケートの発表が控えているようです。
(参照ページ:来月の葬儀費用報道は大荒れの予感
発表されたらマスコミは日本消費者協会のデータに飛びつくでしょう。
とするとこの某互助会さんのアンケートの「鮮度」は、
ほんの1週間となってしまうのですが・・・
せめて一週間だけでも・・・という意図かもしれませんが
ネットアンケートならすぐに集計・発表できたはずなので、
7月度のアンケートをこの時期まで引っ張った意図が不明です。

疑問3 数値の信用度についての疑問

「葬儀費用の平均242万3000円」というのが、日本消費者協会の発表数値に近すぎるのは、まぁ偶然として、
調査対象が「喪主か喪主に準ずる立場」っていうのが精度上、微妙。
(参照ページ:マスコミが報道する葬儀費用のウソ

「費用総額の平均金額は前回調査(99年)に比べて124万4000円(33・9%)減少した。」っておっしゃっているんですが
過去の某互助会さんのデータってこんな感じです。

http://funeralservice.livedoor.biz/archives/1352327.html

http://megalodon.jp/2010-0606-1042-11/www5.cao.go.jp/j-j/doc/funeral-j-j.html

葬儀費用の「平均」が405万円て・・・(^^;)
(もちろんアンケート方法が分からないので、何とも言えませんが。
もしかすると田園調布にお住まいの10人に聞いた、のかもしれませんし)

私としては
今回発表の数値の精度に対して疑問があり、
過去の数値に関しては信じられません。

まさか高額な平均葬儀費用を流布させれば、葬儀単価が上がるだろう
という単純な発想をしたとは思えないですし。

それから根本的な疑問なんですが
某互助会さんは
首都圏を中心におそらく毎年数千件の施行実績がおありだと思うので、
お寺へのお布施はさておき、葬儀施行の総売上げ高を施行件数で割れば、
簡単に精度の高い葬儀費用の平均価格が割り出せる

のではないでしょうか?
わざわざこんな回りくどいアンケートをしなくても、と思うのですが・・・

うーん、事情がお分かりの方がいらっしゃいましたら、教えてください。
<(_ _)>


<2010年09月25日>記載