本日(2011年3月2日)日経新聞夕刊に掲載されていた
「親のエンディングに向けて」の連載記事から一部抜粋します。
新聞
(引用開始 :太字は筆者)

納得できる葬儀 事前に準備

東京都新宿区の会社員Y男さん(55)は数年前から葬式に関心を持ち、
雑誌などの特集に目を通すようになった。
同居する父(89)と母(85)が高齢のためいざという時に備えて
知識を集めようと思ったのだ。
昨年春には葬祭アドバイザーが講師を務めるセミナーに参加した。
葬祭アドバイザーとは葬儀全般に関するコンサルタントのこと。
セミナーでは生々しい業界の実態が語られた。
話を聞いてY男さんは
「いざ葬式となって慌てて葬儀社を決めるようでは失敗する」
とさっそく準備に入ることにした。
後日、相談のためアドバイザーを訪ねると、
どんな葬儀にしたいかを尋ねられた。
導き出した結論は無駄なお金はかけずに、
心のこもった儀式にするというもの。
家族でゆっくり最後のお別れはしたいが、
後で親戚から地味だなどと言われないような内容にしたい。
要望を伝えると、
アドバイザーが条件に合いそうな葬儀社数社に見積もり依頼を出し、
その内容を見てふるいに掛けた。
最終的に絞られた2社のうちから1社を選び、夏には葬儀社を訪ね
打ち合わせをした。
(中略)
費用はお寺へのお布施を含めて180万円以内に収まるようにした。
約13万円のコンサルタン卜料がかかったものの、葬儀社との交渉で、全体のコストは大幅に下がった。
(中略)
心のこもったお別れは最後の親孝行。天国で喜んでもらえるものが用意できたと思っている。
(引用終わり)

葬儀業界の方ならお気づきだと思いますが
なんか・・・

だまされていないか(^_^;)

何だよ、葬祭アドバイザーって。
(大体見当はつきますが)

葬儀社に見積もりを依頼して、ふるいにかけて
約13万円のコンサルタン卜料!

葬儀社との交渉で、全体のコストは大幅に下がった、
っていうけど、何と比較して大幅に下がったんでしょうか?

「無駄なお金をかけずに」「家族で」180万円ってそんなに安くないですよ。

品物減らして値段が下がったって言うんなら、そんなの当たり前ですし。
すんなり13万円払うような方なら、いいいように言いくるめられたんでは?
とちょっと心配になってしまいます。

記者の方は事前相談の成功例を書きたかったと思うんですが
私には被害記事のように読めてしまうのですが(^_^;)


<2011年03月02日>記載