震災後、
関東圏の施行エリアが停電の時は
バッテリー電源の暗い照明の中で葬儀を行うこともあります。
先日施行した御喪家の方が、
「まぁ確かに不便なお葬式だけど、東北の人のこと考えたらねぇ」
とおっしゃっていました。

ところで最近、特にテレビを中心としたマスメディアで
被災地の方に向けて
「がんばれ!」
っていう励ましの声を聞きます。

まだ放置されたままのご遺体もたくさんあるのに・・・
と思ってしまうのは私が葬儀屋さんだから、
でしょうか。

(参考ページ:お葬式で使ってはいけない言葉

テレビだととりあえずなんか画像を流さなきゃいけないから
(テレビ局の人って本当は原子力発電所に爆発してもらいたがっているのでは、
って感じることがあります)
出演者は何かしゃべらなきゃっていう空気の中で
結局、がんばれの連呼になってしまうのだと思います。

今の自分が被災地の御遺族に対してできることとして、
日本赤十字社にささやかながら義援金を送り
あとは
励まさず見守るだけ
を選択することにしました。


<2011年03月21日>記載