ここ数年葬儀業界でもいわゆるゆとり世代を、
ちらほら見かけるようになりました。

否定的に語られがちなゆとり世代ですが、
能力に関して個人的には、
高評価ですね。

(以下、十分なサンプルデータはないため、
多少おおざっぱな世代論になりますがご勘弁を(^_^;))
ゆとり世代
高評価の
理由は以下の3つ。

まず一つ目は真摯な姿勢で、葬祭業に就職している点。

バブル世代には、
葬儀屋って楽に金儲けできるんだろう、
って考えていた人も結構いました。
そういう人は結局「淘汰」されていったんですが。

一方でゆとり世代は
1.不況しか体験していないので
25才から35才までの独身男性で年収六百万円以上の人は4%以下
(ネタもと:勝間和代)
という厳しい現実を知っている
2.また葬儀業界は良くも悪くも規制がない。
つまり、競争原理がまともに作用する(買い手の情報の非対称性の問題は置いときます)厳しい環境である
3.学歴を問われずに就職できるという、エントリーは簡単な業界である

以上3点を考えたら、
葬儀屋の仕事がハードなのは当たり前だよね
っていうことがちゃんと分かっている人が多いと感じます。

上の世代が持つ「えーっ、葬儀屋に就職?!」という感覚も
(ちなみにこれは、私が大学生時代(15年前ほど)、
ゼミ仲間に就職先の話をしたときのリアクション)
薄いようですし。

二つ目は教えやすい点。
なぜならデジタルネイティブなので情報処理能力が高いから。

かつての職人の無法無秩序状態(^^;)を嫌悪し、
ちゃんと体系化されたナレッジマネジメントを行うことを望んできた私にとっては、
ゆとり世代はとても教えやすいです。

葬儀概論自炊して、OCRかけて、持ち歩いた方が便利だよ」
っていう程度の指示を普通に出せるのはありがたい。

バブル世代はネット検索すらしないで、
全部聞いてくる人が多いのでちょっと大変。
(バブル世代の方、すいません<(_ _)>)

3つ目。ゆとり世代は、
控えめで
過剰に相手を慮(おもんばか)るコミュニケーション能力を持っていると言われます。
(要因としては、携帯電話・ツィッターなどを普通に使ってきた結果、
他の世代に比べ繋がる人が多くなり、処世術として
このようなコミュニケーション能力を身につけたとも)

この能力は遺族相手の対応に向いているのではないでしょうか。

「感動葬儀!」などといいいながら過剰に出しゃばることもなく、
そっと寄り添う感覚のスタッフが多いように思います。
(この点に関しては意見が分かれるかもしれません。
多少私の好みも入ってます。)

以上の理由で
ゆとり世代は優秀なので、どんどんこの葬儀業界に入って欲しい
って思っています。

最後に葬儀屋志望の
ゆとり世代の方にアドバイス。

社風が職人気質の葬儀屋に就職することは正直お勧めしません。
職人気質が全部悪いっていうわけではないですけど、
ゆとり世代とはかみ合わないことが多いと思います。
社員10名以下で、全員10才以上年の離れた職人さん、
ていう職場はちょっとリスクが高いのではないでしょうか。

他の記事にも書いていますが、ある程度規模が大きくて、
継続して採用を行っていて、
まんべんなく各世代がいる、
もしくは同世代が複数名いる環境の葬儀社に勤めることを
おすすめします。


<2011年06月08日>記載