以前葬儀業界のヘッドハンティング関係の記事を載せたことがありましたが
最近、また声をかけられたので話を聞きにいきました。

とはいうものの
正直なところ、もう転職する気はありません。

声をかけられたのは私が優秀だからではなく、
声をかけられやすい立ち位置にいるからです。

ああ、優秀じゃないって言ったのは、
私が全くの無能ってわけじゃなくて(^_^;)
かといって謙遜してるわけでもなく
(今の自分のステージだと、自分は何が得意で何が不得意かくらいは、
できるだけ客観的に自己認識していないといけないと思うので・・・
なんて偉そうなことを言ってみる(^^;))
要は前回同様、
ヘッドハンターを雇ったクライアントが望んでいる能力が自分には無い、
ってことです。
面接
転職する気もないのにヘッドハンターに会うのは、彼らに失礼では、
と言われるかも知れません。


でも業界分析のための方法論くらいはレクチャーはしますから、
(葬儀業界ではエグゼクティブサーチ系の会社を通したヘッドハンティングの機会はあまりないので、
ヘッドハンターはほとんど葬儀業界の現場情報を持っていない)
私に会うために費やしたコストの元は取っていただいているとは言わないまでも
ホテルの1杯1800円!のコーヒー代くらいの元は取ってもらっているかなと・・・
(なんかねぇ、味はスタバの方がおいしいような気がするんだけど・・・)


それに声をかけられるのはやっぱり正直ちょっとうれしい。
そっちに行かないけど
ちょっとまんざらでもない気持ちというか。

自分のことをもうおばさんだと思っていたのに、
昔付き合っていた男性から電話があって、バーに呼び出されて相変わらずきれいだねって言われて、クラッときてしまって、ルームキーをそっとカウンターに置かれたときに、ハッと我に返って、やっぱり夫を愛してるのって答える人妻の気持ちみたいなもん、
って例えが分かりづれぇよ。
バー
それにしても(なにが「それにしても」か分からないですが)
最近の業界内情報によると
結構業界内で有名な葬儀社なのに、
薄給だったり、労働環境が劣悪だったり、ブラックだったり
というケースを耳にする機会が増えました。

お会いしたヘッドハンターの方にも、そんな情報が入ってきていたようです。

たしかに葬儀業界は「全体」では不況化しつつあります。
(参考記事:帝国データバンク「葬儀業者の経営実態調査」の情報操作?について

私は適切な「淘汰」だと思っていますが。

最近は経営側が正規雇用者を首切りして規模を縮小しているという話も良く聞きます。
その結果、非正規雇用者扱いのフリーの葬儀屋も増えているそうな。

顔見知りの葬儀屋さんが忙しいときに、声をかけてもらって葬儀の担当をする
というスタイルらしいです。
(そのやり方って葬儀のクオリティコントロールがちょっと疑わしいですが)

そういうフリーの人って、どうなんでしょう。
いっそマイクロ法人化するっていうのはいかが?

さらに一歩踏み込んで
葬儀経営者は業界に零細業者が多いことを逆手にとって、
正規雇用者をどんどんマイクロ法人化させる、
というビジネスモデルはどうなんでしょう?
うまくいかないですかね?

マイクロ法人に興味をお持ちの方はこちらの本をどうぞ。
貧乏はお金持ち
今後葬儀社とそこで働く葬儀屋さんはどんどん淘汰されてくるのは確実です。

葬儀社に就職したい!人のためのノウハウ
という記事にも書きましたが、
どの葬儀社に就職するかが
今後ますます重要になってくると思います。


<2011年09月12日>記載