先日このブログ内の記事3件に対し削除の嘆願があり、
熟慮の結果、お受けすることにしました。

ただしせっかくその記事にコメントを書き込んでいただいた方に申し訳なく
また、コメントが充実した内容であるため
コメントの記事本文と関係ある箇所を、管理者である私の文責で
削除させていただいたうえで
こちらの記事に転記させていただくことにしました。
もしコメントを書き込んでいただいた方で、
削除希望の方がいらっしゃいましたら、
恐縮ですが私までご連絡いただけますでしょうか。

それから転記して改めて気づいたのですが、
みなさん結構な分量の文章を書きこんでくださってるんだなぁ、と。
感謝、感謝です。<(_ _)>

「記事Aへのコメント」

1. Posted by オロ姉   2010年05月29日 06:52
おはようございます。そして御無沙汰しております。葬儀業界からやむ無く退き、悩みながら一度コメントさせて頂いた者です。温かいお返事をありがとうございました。今回は早朝より笑ってしまいました!物理教師さん関西の方じゃないですよね?(笑)
「○○○○○○(注: 管理者削除)」の下りを読んで私もふと思い出しました。当然のことながら故人様の年齢や家族構成・死因などに因って御遺族の雰囲気や悲しみの度合い(グ リーフプロセス的な)は異なる訳で、私自身まだ未熟だったせいか何年経ってもその「肌で感じ取る一瞬の判断」にはとても神経を使いました。そしてその未熟 さ故に、その雰囲気によく自分が飲み込まれていました。
御遺族はつぶやきます(故人様に向かって)。「あなたは幸せだった?」「もう苦しみから解 放されたね」「いい処に行くんだよ」…私はそれこそ陳腐な言葉しか返せません。「安らかなお顔されてます、眠るように逝かれたんですね」「皆様に感謝され ていることと思います」「ずっとお側で見守って下さいますよ」… はたまた小さな子供さんには「お星さまになったんだよ」…私は何も知らないのに、自分の気持ちが皆様に寄り添っていますと伝えたいだけなのに、こんな無責 任な言葉がけでいいのかな?とずっと何かが引っ掛かっていました。私は30代半ばで、自分の親も健在で子供も健康。そんな私に何が分かるんだろう…?もし かしたら「自分の親も子供も亡くしたことがないくせに、私たちの気持ちの何が分かるんだ!いい加減なこと言いやがって!」と御遺族から罵倒されることを 待っていたのかもしれません。そこからまた新たな観点から「死」を考えたかもしれませんね。
「○○○○○○(注:管理者削除)」…う〜ん、やっぱり疑問ですよね?結果論でしかないような気がします。

2. Posted by 物理教師   2010年05月30日 21:43
オロ姉 様、ご無沙汰しております。
また、コメントが遅くなりまして失礼いたしました。
泊まり明けで爆睡しておりました。(>_<)

>、自分の気持ちが皆様に寄り添っていますと伝えたいだけなのに、こんな無責任な言葉がけでいいのかな?とずっと何かが引っ掛かっていました。

悩み、ためらい迷っていることが、オロ姉様の言葉が無責任ではないことの証明だと思います。
でもこれは難しい問題ですよね。
この問題はまた時間があれば、ちょっと掘り下げたいなと思っています。
またよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

3. Posted by さくら777♪   2010年05月31日 00:11
すいません、今日のブログは本当にウケました

笑うと体が痛いのに、笑わずにいられない文章力、見習いたいデス(>_<)♪

忙しい業務のさなか、これだけ閲覧者の我々に、ぜひ読んでみたくなる本を紹介していただき、しかも頷けること多々あり、爆笑しながら読ませていただきました☆

ブログに私も当家のことや、仕事のことをあまり触れないのは、

『感動するのがおかしぃ』

と感じるから、です。

だって、ご遺族にとっては傍観者でしかないんだもの。

それがどれだけ、心を尽くして、ご遺族の方々の中に入り、支えとなり、一緒により満足できるものを目指したとしても。。。

4. Posted by 物理教師   2010年05月31日 18:36
さくら777♪ 様、いつも癒し系のコメントありがとうございます。

>それがどれだけ、心を尽くして、ご遺族の方々の中に入り、支えとなり、一緒により満足できるものを目指したとしても。。。

そうなんですよね・・・
以前、葬儀屋さんを敗戦処理のピッチャーに例えたことがありますけど
http://funeralservice.livedoor.biz/archives/490281.html
そんな心境ですね。


<2010年08月16日>記載