先日「異界談義」という本を読みました。

その中に
山田慎也氏(葬儀と葬儀屋さんに詳しい学者さんです)の
「亡き人を想うー遺影写真の誕生」
という文章がありました。

これによると遺影のルーツは
江戸時代の死絵(亡くなった歌舞伎役者を描いた浮世絵)
だそうです。

ただ肉親を対象とするという意味での遺影のルーツは
西南戦争のころの肖像写真にあるようです。

以前、こんな記事を目にしました。

みうらじゅん 両親の遺影を撮る「イェ〜イ旅行」を提案する

みうらじゅんはただ「イェーイ写真」って
言いたいだけだと思うんですが(^^;)
過去に「親孝行プレイ」って本を出されているので、これの発展系なんでしょうね。

前述した
西南戦争のときは死を前にした軍人の間で
写真を撮ることが流行したらしいです。
その後、日清戦争の時は
戦死者の遺影写真が雑誌に掲載されていたとのこと。

亡くなる前に遺影写真を撮っておこうという風潮は
明治時代からあったということですね。


それから余談ですが
ウィキペディアの「遺影」のページ(2011年11月現在)にはこのように書かれています。
「従来はフレームは漆塗りの黒、写真は着物を着たモノクロのものを用いる事が多かったが、「葬儀会場に冷たい印象を与える」、「白黒では子供が怖がってしまう」といった理由からフレームは自由になり、カラー写真が用いられる事が多くなった。」

恐らくこれは違うと思います。

遺影写真の色とフレームが
「葬儀会場に冷たい印象を与える」
というのはちょっと無理があります。
会場の印象に関しては、遺影よりむしろ
式場の種類(寺院など)や内装、祭壇、照明の方が、
影響が大きいです。
遺影はモノクロでも暖かい印象の式場はいくらでもありますし、
逆にカラー写真でも冷たい印象の式場もあります。
(例えば関東圏でいうと、
横浜市の北部斎場で木の祭壇で、白菊飾って、備え付けの照明しか使わなかったら、
たとえ遺影がカラー写真でも、式場は冷たい印象になります)

また「白黒では子供が怖がってしまう」といいますが、
そんな子なら遺影以前に遺体を怖がるでしょう。

昔、モノクロの着物姿の遺影が多かったのは、
「単に昔は、着物を着ている人が多く、また白黒写真しかなかったから」
という理由だと思います。

それから
「米国などでは遺体保存の方法(エンバーミング)が発達している為に、
葬儀の場面では棺をオープンする事から特別に遺影写真をかざる習慣は無い。」

とありますけど、
アメリカ映画のお葬式のシーンではたまに遺影を見かけますけどね。
まぁ日本映画にも「実際にこれは無いよ」っていうお葬式のシーンは多いので
これをもって事実と違うとも言い切れないですけど。


<2009年06月20日>記載