転職などの場合
葬祭ディレクターの資格は
採用に有利かどうか
思うところを述べたいと思います。

(葬祭ディレクターに関する説明は、
この記事「葬祭ディレクター
をどうぞ)

本題に入る前に
現在の葬祭ディレクターの統計的な実態は以下の通り。
葬祭ディレクターのサイトより一部引用)
平成8年夏に第1回試験を実施して以来、本協会が認定した1級葬祭ディレクター、2級葬祭ディレクターは23,604人(平成8年度から23年度までの累計)です。これは平成21年葬儀業従業者総数85,115人に対し27.7%を占めます
(引用終わり)

1級のみの累積合格者数というのはのってなかったのですが
(過去の合格者数を丹念に調べれば判明すると思いますが、
すいません、面倒だったので(^^;))
葬儀屋の5人に1人は葬祭ディレクターの資格を持っている
というところでしょうか。

今が「ちょうどいい」バランスですね。
1割切っているとマイナーな感じですし、5割超えるとありがたみがないですし。
女性社員1
さて
「葬祭ディレクターの資格を持っておくと
採用のとき有利ですか
?」
という質問をたまに受けます。

私の考えは
無いよりはあった方が良いが
葬儀社によってその評価は異なる
というものです。

以下、その理由です。

採用の評価は株価に似ていると思います。

ほとんど利益を出していない会社の株に高値がついていることがありますが
これは将来生み出す価値を、
現在価値に織り込んで投資家は評価しているわけですね。

採用も一緒です。
将来性を織り込んだ人的資本の評価をもとに採用します。

ということで
完成された葬祭ディレクターより、
将来性のある素人の方が
評価が高くなるケースも多々あります。

採用対象者の能力を全て知りうることができるなら
葬祭ディレクターを持つことのアドバンテージは
ほとんど無いといってよいでしょう。

とはいえ、これは机上論。

実際に(面接のときなど)採用の現場で採用担当者が
「全ての能力を知りうる」
ことは不可能です。

情報が不足している状況では
ほんのわずかな情報に
採用担当者は過大な評価を下しがちです。

少なくとも葬祭ディレクターの資格は
基本的なことは一通りこなせるというシグナリングの機能を果たします。
(この構造は英語がしゃべれる、 とか いい大学を出ているとかと同じ仕組みです)

この点
持たざる者より持っている方がよい印象を与えることができる分
有利です。

これが「無いよりはあった方が良い」理由。

ただしこの有利さは
採用側の葬儀社の事情によってもかわります。

なぜなら
葬祭ディレクター資格を所有していることに対する評価は
就職希望先葬儀社のスタッフの葬祭ディレクター比率に反比例する
からです。

わかりやすく言うと
葬祭ディレクターの資格を持っている人がいないか少ない葬儀社だと
持っている人を過大に評価する
っていうことですね。

逆に教育体制がしっかりしていて、
みんなが葬祭ディレクターの資格を持っているような葬儀社では
葬祭ディレクターに対する評価は(相対的に)低くなります。
「ちゃんと勉強すれば葬祭ディレクター資格は誰でも取れるんだから
資格を所有していることは大して評価しない」
という理屈ですね。

(余談ですが
1級は「葬祭実務経験を5年以上有する者、
または平成22年度以前に2級合格後2年以上実務経験を有する者」
を満たさないと受験資格を与えられないことになっています。
しかし全くの素人でも試験対策に特化した勉強を50時間くらいかけて施せば
合格のボーダーラインへ持って行ける
と思います。
現にコレって葬祭実務経験としてカウントされるの?
っていうグレーな経歴の人が受かっている事例も耳にします)


と、いうことは葬祭ディレクターの資格所有者は、
葬祭ディレクターが少ない葬儀社を転職先として狙え、って言いたいところですが
そういうところは
レベル的には???
ってことになるのかも・・・

(追記)
それから2級はあんまり採用の場では評価されないと思うので
受験の手間を考えると(最短の4年で1級を取りたいと思う人は別にして)
2級は飛ばして最初から1級狙いでいった方が良いのでは
と個人的に思います。


<2012年04月08日>記載