先日コメント欄でこんな質問を受けました。

「 どのように気分転換やリフレッシュをされてますか?」

それに対する私の答えはコレ。

「特に気分転換やリフレッシュはしてないです。
仕事で疲労はたまりますが、ストレスはたまりません。
お葬式を無事終えると達成感だけが残ります。
自分にあった仕事を見つけた人の多くが、そうだと思います。」

という優等生的な回答をしてしまったのですが
よく考えると一つだけリフレッシュの方法がありました。

「ユーチューブでインド映画のダンス動画を見る」


ちなみにインド映画に関する情報を抜粋するとこんな感じ。
・映画の制作数は、世界一(一説には年間1,000本とか)
・ボンベイ(現在ムンバイに名称変更)で作られているので、
ハリウッドにかけてボリウッドと呼ばれる
・上映時間が長い
・必ずといっていいほどダンスシーンがある←これが見せ場
・女優がきれい(インドにいたことがあるのですが、あちらの女性は美人がマジョリティ(主流派)だから。)

後半は私の主観ですが(^^;)
たくさんの美人が楽しそうに踊ってたら、
そりゃ多幸感に包まれるよね。
(よね、って言っているけど私だけかな。みなさん、ついてこれてます?)

で、ここ数年でユーチューブに映画のダンスシーンだけを抜粋した動画がアップされるようになりました。

それを見てると、
今日あった細かいことなんてまぁいいか、
と思えてくるという・・・

ではいくつかサンプルを。

5人の女優さんが出てきますが、私は一人目のカジョールが好き。

彼女は
「小さな頃からこんなふうに踊ってたのよ」
というように、楽しそうに踊るから。

次は

こちらも途中でカジョールが出てきますが、
同じ男優も出てますね。

これがインドのトップスター
シャー・ルク・カーン

んー、正直インドのハンサムの基準がよく分からない(^^;)

で、このまま文章が終わると、
葬儀に関する記事を書くというこのブログのポリシーに外れるのでちょっと補足。

日本人のイメージするインド人は
頭にターバンを巻いたシーク教徒であることが多いのですが
一番多いのはヒンドゥー教徒。
(参考:インドの宗教

そしてシャー・ルク・カーンはイスラム教徒。
ハリウッドデビューもイスラム教徒の役でした。


それから2本目の動画が収められているDVDも日本で購入可能。

ちょっとだけ葬儀のシーンも有るけど、これはヒンドゥー教様式のような・・・

(どちらもTSUTAYA新宿店に置いてました。都内の方はレンタルしてみてください)

一方シャー・ルク・カーンの奥さんはヒンドゥー教徒。
子供もヒンドゥー教徒。

えっ、それは有りなの?って思いますが
いい意味のいい加減さがインドっぽい。


<2012年04月22日>記載