先日コメント欄に、
就職活動中の学生の方から御質問をいただきました。

複数かつ普遍性のある質問だったので、
本文でお答えさせていただくことにしました。

> 葬儀のお仕事は「失敗は許されない」ですよね。
> この失敗というのは例えば実際どんなことが失敗になるのでしょう。


失敗の基準は二つあると思います。

一つは遺族から失敗と認定されるケース。
当然クレームになりますよね。

お客様が選ばれたものと違うものを用意してしまうとか。
弔電の読み間違いとか。

二つめは遺族は気づいてなくても、担当者自身が失敗したと気づくケース。
「もっと良くできたはずなのに」というのも失敗に含まれる
と考える葬儀屋さんもいるでしょう。
本来完璧でなくてはいけない仕事なので。
(同時にサービス業に完璧はありえないので、
そこにはジレンマがあります)

(参照ページ:葬儀のミスを無くす方法 2/9

失敗

> 葬儀の進行中(司会してる時)に万が一泣いてしまったら失敗ですか?

失敗ではないですが
私のスタンスは↓です。
(参照ページ:お葬式では泣かない


> あと、共感・同調しやすい、感受性の強い人は続かない傾向にある業界ですか?
> あと、辞めていく人と続く人には物理教師様から見てどんな違いがありますか?


「耐久性」に関してすごく乱暴なマトリクスを書くとこんな感じでしょうか。

耐久性

正しい・・・共感性が高く、遺族のためにがんばりたいと思っている人
悪い・・・志が無い。儲かれば手段を選ばない。
強い・・・メンタル・肉体ともに強い人
弱い・・・メンタル・肉体どちらか、もしくは両方弱い人

(実際に人間て、こんなにばっさり対立項に分かれるものではありませんが
あくまで分かりやすくするためとご理解ください。)

ポイントは
理想と現実のギャップやら、自分の中の高いハードルやらで
正しくて弱い人が一番最初につぶれる
ということでしょうか。
(知合いの看護師は、看護師の世界も同じだって言ってました)

ただ、私の経験で言うなら
「正しくて弱い人は「正しくて強い人」に成長できる可能性があります。
「悪くて強い人」は「正しくて強い人」にはなれませんし
「悪くて弱い人」は「悪くて強い人」にはなれません。

だからとりあえず「正しい」人に
葬儀業界に来て欲しいと思います


> また、物理教師様がお仕事を始めて最初にぶつかった壁は何でしたか?

仕事の失敗に浴びせられる罵声と理不尽な暴力(^^;)
今はそんなところは少ないと思いますけど、当時はねー。

>また、どのようにして乗り越えられましたか。
当時は無我夢中で乗り越えるって感覚ではありませんでしたが、
お葬式の担当者を経験したのが、一つの転機だったと思います。

(参照ページ:お客様に言われてうれしかった一言

葬儀業界に入って数ヶ月、もう辞めたいな、と思っているあなたへ

と、こんな感じです。
参考になれば、幸いです。

ご質問ありがとうございました。


<2012年05月02日>記載