「哀悼(あいとう)の意(い)を表(ひょう)します」
の意味と正しい使い方について
実際に葬儀現場で働く葬儀屋さんが解説いたします。

まず意味から。

まず「哀悼」という文字を分解してみます。

・・・「哀(かな)しい」とも読みます。
    「悲しい」と語源が一緒で、切なくて胸が痛むことです。

(とう)・・・「悼(いた)む」とも読み「痛む」という字と語源が一緒です。
     「人が亡くなったときに自分の心を痛める」
     という意味を持ちます。

というわけで
広辞苑では
「哀悼」・・・人の死を悲しみいたむこと。
というように解説されています。

先ほど述べたそれぞれの語源を当てはめると「哀→悲」「悼→痛」ということで
「哀悼」≒「悲痛」という解釈もできますね。

「意を表する」は、「気持ちを表す」という意味ですから
「哀悼の意を表します」・・・亡くなった方のことを思うと悲しくて心を痛めています
ということになります。

さて
「哀悼の意を表します」
の葬儀現場における正しい使い方です。

まず注意点としては
お葬式の時に遺族に話しかける際、使わない方が良い
です。

基本的にこの「哀悼の意を表します」という言葉は弔電の中で使われる
「弔電文語体」だからです。

「表(あらわ)す」ではなく「表(ひょう)す」という
漢字の音読み+サ行変格活用
という格調高い表現にしているのも、
文語として使用されることを前提としてるからです。

よって話し言葉の中で使おうとすると
失礼というわけではないですが
ちょっと違和感を感じるはずです。

また
弔電で使う際、さらに弔意を強調したい場合は
頭に「謹(つつし)んで〜」を付けてください。

以上「哀悼の意を表します」の意味と正しい使い方でした。

(追記)
時折、哀悼の意の替わりに「追悼の意」という表現が使われることがあります。
(「追悼」の意味は
死者の生前をしのび、その死を悲しむこと
です)
しかし一般的な葬儀の場合は「哀悼の意」を使う方が自然でしょう。
「追悼の意」は追悼式典、たとえば慰霊祭みたいな場でたまに使われる程度だと思います。

参考記事
弔電の安くて効果的な送り方を葬儀屋さんが教えます
お葬式で使ってはいけない言葉
ご愁傷様の意味と正しい使い方
「ご冥福を祈る」の意味と正しい使い方
「お悔やみ申し上げます」の意味と正しい使い方



<2012年02月11日>記載