お葬式に関する語句
「お悔やみ申し上げます」の意味と正しい使い方について
実際に葬儀現場で働く葬儀屋さんが解説いたします。

まずは意味について。

広辞苑より
悔やみ・・・人の死を弔(とむら)うこと。また弔うことば。

お悔やみ申し上げますの、「悔やみ」は後者の「弔うことば」の意味ですね。
それに丁寧さを表す接頭語「お」をつけているわけです。
お悔やみ申し上げます

次に「お悔やみ申し上げます」使い方についてです。

当然この「お悔やみ申し上げます」という言葉は大切な人を亡くした遺族に対して使うのですが
弔電の文中でしか使われない「哀悼の意を表します」とは異なり
弔電の文中でも、遺族との会話の中でも、
両方の状況で使える便利な言葉なのです。
シチュエーション別に見ると、
実際は、下記のような使い分けをされます。

哀悼の意を表します」・・・弔電の文中で使う
ご愁傷様でございます」・・・遺族との会話で使う
「お悔やみ申し上げます」・・・弔電の文中や、遺族との会話の両方で使える

弔電の文中では
「ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。」
というふうに使われます。

遺族との会話で使う場合は
「この度はお悔やみ申し上げます。」
というシンプルな使い方で良いでしょう。

葬儀のことをよく知らないマナー講師やアルバイトのライターが書いた情報サイトの記事で
たまに『遺族に話しかけるときは「心中お察しします」や「お力おとされません様に」を使う』
と言うようなことが書かれています。
しかし実際お葬式という非日常的な場に参加して、心痛めている遺族を前にして
こんな言葉はとっさに出てきません。
何を言ってよいか困ったときには
「お悔やみ申し上げます。」
でOKであると覚えておいてください。


以上
「お悔やみ申し上げます」の意味と正しい使い方でした。

関連ページ
弔電の安くて効果的な送り方を葬儀屋さんが教えます
「ご冥福を祈る」の意味と正しい使い方
ご愁傷様の意味と正しい使い方 
「哀悼の意を表します」の意味と正しい使い方
お葬式で使ってはいけない言葉
葬儀の挨拶について 
・通夜の時間ついて 
・弔辞について 


<2012年02月07日>記載