もう先々月の古い話なので恐縮なんですが
読売新聞の冠婚葬祭に関する世論調査(対象は全国の20代以上)
についてのお話しです。

葬式に関する回答はこんな感じ。

    * 慣習やしきたりにこだわらなくていい 58%
    * なるべく簡素におこなう          92%
    * 火葬だけをする「直葬(ちょくそう)」はとくに問題はない 72%

この調査を受けて
マスコミの方が「葬儀はもう終わり」と騒いだのはよく分かるんですが
葬儀業界でも、まぁ大変、という意見が主流だったのは
正直「意外」だったので
鮮度のない話題にもかかわらず記事をアップしました。

良く言われる話ですが
半分水の入ったコップをみて
「もう半分」と思うか「まだ半分」と思うか
っていう話がありますよね。

上記の調査結果を「裏返して」みると

    * 慣習やしきたりにこだわりたい人は41%
    * このご時世に葬儀を盛大にやりたい人が8%
(それ以前に↑この質問の回答の選択肢が「なるべく盛大」「なるべく質素」の二者択一なのがヘンとも言えますが)
    * 直葬を問題だと考えている人が28%

となって
私は、あー、こんなにも葬儀肯定派がいらっしゃるんだ
と思ったのです。

全国調査ということもあると思いますが
意外とみなさん保守的ですね。
おまけに
40代以下の「次世代」が43%を占めている調査の数値ですからね。

直葬に関する質問も自分がどうするかということではなくて
一般論としてどう思うかという質問ですし、
他の質問事項で「自分」の葬式をしたくないという人は5%でしたし。
コップ
確かに葬儀業界に関して私は衰退産業だと思っています。

しかし葬儀屋さんにお聞きしたいのですが
そもそも御社の商圏内のシェアはどれくらいなのでしょうか?
7割超えて伸びしろありません、なんてところは数えるほどではないですか。
セグメントをちゃんと絞れば十分やっていけると思います。

もちろんダメになる葬儀屋さんはこれからどんどん出てくるとは思います。
しかし
昔は葬儀業界がぬるま湯だっただけで
国際競争にさらされているメーカーや、少子化の影響をすでに受けているサービス業に比べて
意外と葬儀業界の将来は悪くない、と思うのですが
いかがでしょうか?

(参考記事:葬儀屋さんのグローバルな競争力を考えてみる

あと追記ですが
(おそらく回答者の半数以上は実際に葬儀屋さんから見積もりを取ったことはないと思いますけど) 
「葬式にかかる費用には不明朗な部分がある」と思いますか、そうは思いませんか。」
という質問に対して
答えは
1.そう思う 80   2.そうは思わない 19
でした。
マスコミが印象操作しがちな部分にも関わらず
(確かに不明朗な葬儀社も多いですけど)
2割の人がそう思わないと思っていただいていることも心強いです。


<2012年06月18日>記載