本日ご紹介する本はこれ

さよなら、そしてこんにちは (光文社文庫) 荻原 浩 (著)
さよなら、そしてこんにちは (光文社文庫)
さよなら、そしてこんにちは (光文社文庫)荻原 浩

光文社 2010-11-11
売り上げランキング : 250166


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


著者は渡邊謙主演で映画化された小説『明日の記憶』で
山本周五郎賞を受賞した方。

短編集なのですが本のタイトルにもなっている第一話は、
葬儀屋さんが主人公です。

リアリティに関しては、こんなこと実際しねぇよ、
っていうところがちらほら。
(最低限のリサーチはしてるみたいですけどね。)

そもそもドラマチックなストーリーで、
読者の価値観に揺さぶりをかけたり、
魂をふるわせたりするのが良い小説の役目とすると
葬儀屋さんから見たときのリアリティがどうこうなんて
別に意味はないんですけどね。

ただこの手の葬儀をテーマにした小説よりも、
葬儀屋さんの現実の方が
ずっと劇的
(この↑表現もしっくりこないのですが、他に適当な言葉も思いつかないので)
なことが起こるんですよね。
リアルであることゆえの強み、というものを抜きにしたとしても。

この小説と似たようなシチュエーションで
実際に私が体験した事の方が圧倒的にこの小説より劇的。

でもここでは書かない。

というか、墓まで持っていくつもりです。

本当に自分にとって大切な体験て、そういうもの。

葬儀屋さんになってから小説(特に文学系)をあまり読まなくなったのも
現実にすら及ばないフィクションに価値を見いだせなくなったからかもしれません。


一般的に葬儀屋さんが本を読まないのはそのせいか?
いや、違うな(^^;)


<2012年07月13日>記載