今回ご紹介するのはこの本

サバイバル女道
サバイバル女道 (CYZO NEW BOOKS)
サバイバル女道 (CYZO NEW BOOKS)辛酸なめ子

サイゾー 2011-10-13
売り上げランキング : 20396


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

辛酸なめ子がスキルを持つ女性に突撃取材、という内容の本です。

で、この本の中に、ある葬儀社に勤める女性社員への取材記事があります。

この記事がいろいろ問題ありまして・・・

まずは事実誤認の訂正から。

×葬祭ディレクター・・・厚生労働省認定の資格で

→厚生労働省が認定しているのは、
「葬祭ディレクターの資格」ではなく「葬祭ディレクター技能審査」


×関東地方の平均葬儀費用は313万円

→ この本の出版は2011年なんですが 
なんで日本消費者協会の第7回(2003年度発表)の古いデータを使いますかね。
最新版はもう第9回(2010年度発表)なのに。
おまけに日本消費者協会の統計データ自体が精度低いですし。
関東地方の「平均」葬儀費用が313万円だったことなんか、
おそらく一度もないです。


×家族が亡くなったらすぐやらなくてはならないことは
故人の銀行口座からお金を引き出すこと。


→もういい加減、この「都市伝説」をなんとかしようよ。
あとでもめたらどうするの?
(参考記事:プレジデント「介護・葬式・墓 賢い選択50」の問題記事

×エンバーミングに使うファンデーションやチーク

→実際エンバーミングでもファンデーションやチークを使うだろうけど
この葬儀社はエンバーミングをしていないから「エンゼルメイク」の間違いでは。

×口が開いたまま亡くなった場合でも
脱脂綿を大量に詰め込めて閉じることができます。


→どうしてもさらに開きそうな状態しかイメージできないんですけど。


たった6ページの記事のボリュームにしては間違いが多いですね。
そもそもこの本って雑誌「サイゾー」の連載をもとにしていますから
連載当初に葬儀社側が間違いを指摘しておくべきだと思うのですが。

それから一番問題だと思うのはこれ。

この葬儀屋、遺族の承諾を得ないで、
遺体処置の現場に辛酸なめ子を同席させているのではないでしょうか。

本文から該当箇所を抜粋します。

・「ちょうど病院から故人様がいらっしゃってます」と葬儀屋さん。
・故人様とまさかのご対面
・見知らぬ女がこの場にいても良いのでしょうか
・体液止めの脱脂綿を穴という穴に詰める
・「脱脂綿詰めてみますか?」とのせっかくの申し出を断ってしまいました。


遊びじゃねぇんだ、バカ!

あっ、失礼。つい怒りが。


ダメでしょ、これ。

遺族から承諾をうける描写はもちろんありません。
そもそもこの取材を承諾する遺族がいるとはどうしても思えません。
遺族側には取材を受けるメリットはないですし
おまけに取材者は「辛酸なめ子」という方です、っていわれた日にゃ・・・ねぇ。

やっぱりこれ無許可でしょ。


この内容での掲載にOK出してるってことは、
この会社の体質がこうってことですよね。
このページが冗談に思えるのですが)


こんなことしてるからいつまでたっても、
葬儀屋は常識がないって
世間から思われるわけですよ。


<2012年07月29日>記載