東洋経済ONLINEの記事から


『葬式は、要らない』(幻冬舎新書)がベストセラーとなった宗教学者の島田裕巳氏は、
「今の葬式にはインチキなものが多すぎる」と断言する。
1時間かかるお経が、葬儀会社の指示で10分で終わらせる例もあるなど、
本来の供養とはかけ離れた様子を訴えている。

なぁ、「1時間かかるお経」を「10分」で終わるようにした葬儀社が
本当に実在するんなら、連れてこいよ。

というか、彼、ホントはもうお葬式のことなんて興味ないんですよね。
聞きに来る奴がいるから答えているだけで。

私も断言しよう。
「今の宗教学者にはインチキな人が多すぎる」

それにしても今回

島田氏のコメントで紙面を埋める
イオンを持ち上げて終わり

というダメ葬儀記事の鉄板パターンすね。

他にもっと問題は山積みの業界のはずなんですが(^^;) 


<2012年07月01日>記載