今回は葬儀屋さんの書いた本2冊を紹介

大西氏は1947年生まれ、葬儀歴40年。葬儀社の役員。ベテラン。
木塚氏は1967年生まれ、葬儀歴10年。葬儀屋歴はおそらく私より短いが年齢は上。

この2冊を読んだ印象としては
大西氏も木塚氏も葬儀屋として良心的な部類に入ると思う。

でも、2人とも何か、引っかかる。

その原因を考えてみた。

まず大西氏。
この著書の内容を、成功した葬儀屋役員の自慢話と取る人もいるかもしれない。
確かにそういう面はあるが、私はこういう熱い人は嫌いじゃない。
では土地柄や時代のせいもあるものの泥臭い感じが、ダメなのか
それとも、失敗のエピソードのレベルがちょっと低いからか?

んー、そのどちらでもない。

おそらく、「今の葬儀屋はもっと勉強して葬儀文化を継承しろ」という発言に代表される
現役の葬儀屋に対するメッセージが
自分には受けいれられないのだと思う。

葬儀と落語2」という記事で書いたように、
たしかに葬儀の伝統を勉強することは大切だ。

でもそれは原点回帰するためじゃない。
そもそも原点など存在しない。
その時代時代の正しさがあるだけ。

ではなぜ伝統を勉強することが大切なのかというと
葬儀の伝統と言われるものが
時代時代でいつもその姿を変えていることを知るためだ。
 
我々次世代の葬儀屋が求める最適解は大西氏のキャリアの中にはない。


次に木塚氏。
だめな病院や警察や寺を強く批判する。
気持ちは分かる。
でも犬に吠えられたからと言って四つん這いになって吠え返す必要は無いと思う。
コンプレックスの裏返しなのかもしれない。

うーん、でも引っかかるのはそれだけじゃないな。

多分、同じレベルでケンカするだけ、自分を卑下するだけで
そんな現状を改革しようという意志が感じられないところが、
自分には受けいれられないのだと思う。

大西氏は次の時代を拒絶している。
木塚氏は今の時代に流されている。

だから我々次世代の葬儀屋は
時代を作り出すべき。

どなったり、うつむいたりしない。
自分を卑しくしない。マイナスの感情で汚れない。

我々の戦いはそうありたい。
 
世間の認識はともかく、
自分が葬儀屋という崇高な職業に就いていると信じているならば。


<2013年01月25日>記載