というSEO業者さんのページで
「エンディングノート」というワードでの検索結果に表示される上位ページの一つとして
が取り上げられていました。

今回はこの件に言及したいと思います。
興味のある方だけお読み下さいませ。
HTML

私の記事に対する評価を抜粋します。
 
「最も左のページは検索順位が3つの中で一番上ですが、
サイトタイトル、metaタグ、H1タグなどによるSEO対策は行われていないようですね。
その代わり、テキスト量は他2ページよりも圧倒的に多くなっています。」

一応、ほめてもらっている・・・のか?上から目線ですが(^^;)

サイトタイトルですが、
私のブログはエンディングノートに関するブログじゃないので
サイトタイトルに「エンディングノート」ってワードが入ってないのは当たり前。

metaタグは、ブログの構造上ブログ全体に入れていますが、
個別記事には入れられないはず。
なのでそこを指摘されても、どうこうすることはできないかなと。

H1タグは、入れてます。
記事タイトルであるH1はブログタイトルになる構造にしています。
HTML解析してもらえれば、そうなっていることが分かるはず。
おそらくこの業者さんの解析ツールだと、ヒットしないだけでは。

さて、上記の指摘箇所は数年前ならいざしらず、
現在のGoogleのアルゴリズム上はたいした要素じゃない
っていうのが私の考えです。

多分、このSEO業者さんもそのことは百も承知だと思います。
ただSEO業者さんは、
(ちょっと失礼な言い方をすると)無知なクライアントをいかに言いくるめるかが勝負みたいなところがあるから
あえてそれらしい解説をしているだけで。
(葬儀屋さんて特にこの分野弱いので、
だまされてんなぁ、っていう葬儀社サイトをよく見かけます。
アルゴリズム変更時に圏外にぶっ飛ばされているサイトって多いですよね) 

ちなみに他の2社さんが上位にきているのは
両者ともWEB制作会社なので、制作を請け負ったサイトから自分とこのサイトにリンク引っ張って
ページ評価をあげているせいだと思います。

さて、私の記事の優位性は評価にもあるとおり、
「その代わり、テキスト量は他2ページよりも圧倒的に多くなっています。」
のところ。

一応ちゃんとエンディングノート買って調べた上で読み手の役に立つように、
って書いた記事ですから、
他の2社のページと比べたなら情報の質と量は優れているかなと。

Googleのアルゴリズムは、
検索者が欲しがっている情報を持っているページが上位にくる、
というのを目的にプログラムされています。
それを考えるとGoogleさんに評価してもらっているのはうれしいです。

要は小手先のSEOのテクニックはどうでもいいから
読み手が読みたいと思うであろう記事を書いていけば結果は後からついてくるのだと思うのです・・・
という偉そうな結論の記事を
検索上位に出ているうちに今回書いておこうと思いました

検索順位が下がったら、こっそり消しときますので・・・(^^;)


<2013年03月11日>記載