先日葬儀業界を視野に入れての就職活動中の方から下記のご質問をいただきました。

(原文は葬儀業界のイノベーション(技術革新)のコメント欄を参照してください)
「冠婚葬祭業界は選考もいよいよ佳境に入っております。 
しかし選考に進めば進むほど、不安に思うことがあります。 
それは、ご遺体への恐怖心です。 
(中略)
しかし葬儀の担当ともなると、ご遺体と接する機会が必然的にある…
そう考えると、自分にできるだろうか、と不安でなりません。」

私の結論は
「ご遺体は怖くない、大丈夫!」
です。

ではその理由を説明していきます。

まず「遺体が怖い」という問題を分析するため
「問題を分割」していきます。

遺体が怖い(と感じてしまう)原因は二つ。

「見慣れないものに対する恐怖」
「プリミティブ(原始的本能的)な恐怖」
です。
恐怖
まず「見慣れないものに対する恐怖」についてです。
学生時代沖縄から出てきた友人が「地下鉄に乗るのが怖い」と言っていました。
それと同じ構造だと思うのです。
これは見慣れる、つまり経験することで克服できます。

次に
「プリミティブ(原始的本能的)な恐怖」
についてです。

これはさらに2つに分けられると思います。
「感染に対する恐怖」
「死のイメージを喚起させることに対する恐怖」
です。

まず「感染に対する恐怖」ですが、
これは「知らない、分からない」ことが生み出す恐怖です。
医学的知識を得て適切な対処の仕方を知ることで、克服できます。
詳しくは↓この記事を参考にしてください。

とはいえ、慢心して予防を怠ったりしないよう、
多少の恐怖心は残しておきましょう。

次に
「死のイメージを喚起させることに対する恐怖」
です。
より本能的な恐怖なのでコントールするのが難しいと思われるかもしれません。
そう、だからコントロールしなくていいです。
むしろ恐怖を増大させてもいいくらいです。

この恐怖は根っこでは「畏怖」につながっています。
畏れる」ということです。
この畏れるという言葉には死への恐怖以外に
故人を敬う気持ちも含まれています。

だからこの「畏れ」は克服、つまりなくすべきものではなく、
葬祭業に就いている間、ずっと持ち続けるべきものだと思います。

以上の説明を図解化するとこんな感じ(クリックで拡大)
死の恐怖
とはいえ、怖いものは怖いんですけど・・・
という場合はこう考えてください。

何度も納棺を経験すると
「遺体=故人」は葬儀屋であるあなたに完全に身を委ねているということが、感じられるはずです。
(ただの動かない肉のかたまりなんだから当然でしょ、
っていう人はそもそも葬儀屋としての感性を持たない人なので
問題外です)
つまり、「遺体=故人」はあなた(葬儀屋)の味方なんです。
職業差別する世間や、志の無い同僚や、当たりの厳しい遺族に比べれば
よっぽど付き合いやすい、と思いませんか?

葬祭業をやってみてこのように思えない、というのであればおそらく
職業差別する世間や志の無い同僚や当たりの厳しい遺族の存在に
耐えることができないでしょう。
ということであれば、むしろ遺体への恐怖が問題なのではなく、
それ以外の適性が問題、ということになるのではないでしょうか?

ちなみに自分の周りで遺体に触れるのがダメで
この仕事を断念した人はいないです。

というわけで、
「ご遺体は怖くない、大丈夫!」
という結論なんですが・・・
いかがでしょうか?


<2013年03月27日>記載