最近葬儀費用、特に香典に関して関する詭弁(きべん)を弄(ろう)する葬儀屋が
増殖中のようです。
ちょっと釘をさしておこうと思います。

その詭弁というのは
「家族葬ではなく外部からも参列者を呼ぶお葬式にすると
香典による収入が増えるので 充分な蓄えが無くてもお葬式ができる」
というもの。
 
多分、この理屈を最初に言いだしたのは
株式会社福祉葬祭 社長の武笠 文吉氏 ではないでしょうか。
彼の理屈がおかしいのは
「香典葬」がダメな理由』という記事の
の中で指摘しているとおりです。
盗作をするような前科のある人物の言うことなど
誰も聞く耳持たないだろうと思っていましたが、
どうもじわじわ広がっている模様・・・
香典
まずはマイナビニュース内の週刊ポストの記事から

NPO法人「葬儀費用研究会」の冨永達也・事務長の解説。


冨永氏が指摘する。
 「会葬者が少ないということは、
それだけ遺族が受け取る香典も少ないということが盲点です。
実は、返礼品や、一部の会葬者にふるまう料理代などを差し引いても、
香典は半分ほどが手元に残ります。
すると、一般葬では葬儀費用の大半が香典でまかなえるケースも少なくない。
ところが、家族葬では香典に期待できないので、
かえって持ち出しの費用が高額になるのです」


「香典は半分ほどが手元に残ります。
すると、一般葬では葬儀費用の大半が香典でまかなえるケースも少なくない。」ですか・・・ 少ないですよ、そんなケース。
香典返しはどうするの?
葬儀屋側にしてみたら
葬儀費用払ってもらった後のことは知ったことではない、ですか?

予想以上に参列者が来た場合、
その分香典が増えるので変動費(料理・返礼品・香典返し)の増加分を
相殺できる、ということは言えます。 
しかし(香典返しの義理を欠くもらい逃げをしない限り)香典によって
固定費本体(祭壇費用や人件費)の負担を減らすのは、極めて難しいです。
香典
次に、とある葬儀社の見積もり例。

自己負担0って、どこまで楽観的なのか。
そもそも (子ども2名・兄弟2名・孫5名・甥姪5名・ その他親族10名・一般26名の計50名前提)で
香典が 782,000円集まるっていう皮算用は無理があります。
子供や兄弟は香典を一人あたり10万円包むっていう計算なんでしょうか。
おそらく自社の葬儀費用プランの総額ありきで、
帳尻を合せたのではないか、と勘ぐってしまいます。
 
私も一般の参列者を呼ぶことの大切さは認めます。
(参考記事:家族葬の失敗例
でもそれはお葬式の持つ社会的機能の観点からそう申し上げているだけで
葬儀屋のポジショントークをしたいからではありません。

彼らはこの程度のポジショントークがまかり通ると
本気で信じているのでしょうか。
あんまり 消費者をなめないほうがいいですよ。


<2013年05月12日>記載