このところ葬儀屋さんの「差別」ネタが続いていますが
もう少しおつきあいを。

葬儀屋さんて
体力
教養
倫理観
において一般人の平均値を上回っていなければいけないと思うのです。

体力に関しては以前の記事(葬儀屋に必要な能力)で書きましたが、
教養と倫理観になぜ秀でていなければならないかというと

葬儀屋が人の死に関わる崇高な職業だから。

昔は宗教家が教養と倫理観に秀でていた(ということになっていた)わけですが
宗教家がパワーダウンしている昨今 
これからは葬儀屋もその役割を担(にな)わなければいけないと思うのです。

この想いは十数年前に私がこの業界に入ったときから思ってきたことなんですが
ただこれを葬儀業界全体が目指すものとして申し上げるには、
あまりにも実態が平均値を大きく下回り過ぎていて・・・

でも最近葬儀業界に入ってくる新人さんを見ていると
そろそろ世間から失笑を買うのを恐れることなく、
言えるようになってきた気がするのです。

それからこんな視点も。

あまり適切な例えではないので
気を悪くする方がいらっしゃったら申し訳ないのですが
小説家の花村萬月氏が以前こんなことを話していました。

あるソープランドの経営者は
ソープ嬢の将来を考えて給料の半分を強制的に貯金させるような人らしいのですが
同時に彼女らを茶道や華道の教室に行かせるらしいのです。
世間から蔑まれる職業だから、卑屈にならないように自信を付けさせるために。

葬儀屋が素晴らしい職業である
という信念が揺らいだことは私自身一度もないと断言できます。
しかし
面と向かってキツイ言葉を投げかける人は実際にはまれだと思いますが
それでもあるときにネット上なんかで
世間様の突き刺さる言葉を耳にして落ち込んだ葬儀屋さんもいるでしょう。

そんなとき
葬儀屋である自分には教養と倫理観がある
という自信を持っていると強いのでは、
と思うのです。

さて具体的にどうしたら・・・っていうのは難しいんですけどね。
日々勉強しましょう、くらいしか言えないんですけど。



さてここからはいきなり話をスケールダウンいたしまして。

なにか自信を付けるためにちょっとした成果がほしいんだけど
忙しいので、何から手を付けたらいいのか分からない、
っていう人にはこれはいかがでしょ?

教養と倫理観を身につける第一歩ということで・・・

倫理の教科書+その内容を朗読しているCD

当然宗教思想にも触れています。
私は通勤やら当直の時何度も聞き流してました。
教養と倫理観がアップしたような気になります。
あ、倫理観は気のせいかもしれない(^_^)


<2013年05月28日>記載