勝ち続ける意志力

を読んで考えたことをつらつらと・・・
ロジカル(論理的)ではありません。悪しからず(^^;)

(アマゾンからの内容紹介を引用)
ゲームファンから「神」と崇められ、
「世界一長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」としてギネスブックに認定されている伝説のゲーマー・梅原大吾が、初めて熱い想いを語る。
(中略)
「楽な勝ち方ばかりしていてはやがて勝てなくなる」
「変化なくして成長なし」「最もライバルが多いゲームをあえて選ぶ」
など、彼がこれまで実践してきた、勝ち続けるための勝負哲学は、ゲームの世界のみならず、いまの社会を強く生き抜くための指針でもある。
ウメハラ渾身の作である本書は、ゲームの攻略本ではなく、人生の攻略本である。
(引用終わり) 

○彼が勝ち続けるためにしたことは、いろいろな方法をためして変化し続けること。

部下に「変われ」、と言っている上司がいる。

ひねくれ者の私はこう考える。

変わることってできるのか?
そもそも変わる必要があるのか?

この2点を考えたときに、私は
変わることはできないし
変わる必要はないと思います。

知り合いで「変わった」奴っている?
すごく成長したように見える奴は変わったんではなくて
多分それは得意分野を「伸ばした」んだよ。

「変われ」って言っている人は
自分が持っているものを他人が持っていないとき、
それを身につけろ
と言ってるケースがほとんど。

そんなものは身につかないし、
身につけたところで、組織の中でそいつと能力が被るだけ。
余り意味は無いと思う。

自分はどちらかというとマイノリティー(少数派)に属するし
難しい奴と思われていると思う。
でもそれでいい、と今は言える。
大袈裟な言い方が許されるならそれが才能だと思っているので。

 成長

マネージャー業務をやっていると久しぶりに葬儀担当を受け持つ、
ってことがある。
葬儀って現場感(現役感と言ってもいいかな)が重要なので、少しブランクが空くと 
忘れているというのもあるし、違和感がある。
葬儀業界の環境も急激に変化していることもあり正直、恐怖感もある。
もちろん、かつての自分のやり方を全て復元できる仕組みは残しているけど。
でも一度昔の自分のやり方をリセットして新しい方法論を試せる、
っていうのも最近面白いと思えるようになった。
こういうやり方もあるよな、っていう発見があるとうれしい。
こうやって新しい方法論を試しているのは「変わっている」わけじゃない。
分析好きっていう自分の才能を伸ばしてんだよね。

○凄くがんばる、休むではなく、適度な努力を毎日重ねて、
かすかな成長に喜びを見いだす。

新人でも遺族が90点と採点してくれるお葬式を執り行うことは可能だ。
もちろんそれは大切なことだけど、
プロっていうのはたとえどんな状況のお葬式であっても
「常に」70点を取れる人のことだと思う。
そしてその状態をずっとキープできる人。
たとえば10年前ならひたむきさをセールスポイントにできた。
もちろん今でもひたむきではある思うけど
年齢を重ねた今はそれだけではなく 
加えて安心や説得力という要素も積み重ねていかないといけない。
加齢というパフォーマンスの低下を
経験など他の要素でどう補えるかだと思う。


<2013年07月13日>記載