今回ご紹介するのはこの本。

感動葬儀。心得箇条: いま、なぜ「終活」か。その答えがここにあります
愛知県にある株式会社FUNE(フューネ)という葬儀社の社長さんが書いた本です。

ところで以前私はこういう記事を書いたことがあります。
 

これらの記事の内容をふまえて
この本に掲載されている「感動葬儀」のエピソードを
一つ紹介します。

21年間音信不通で親の死に目にも会えなかった長男が参列した
葬儀の話です。
(文中の「私」とはフューネさんの葬儀担当者のことです)

(P94から引用開始)
儀礼式も終わり、いよいよ、出棺前。
遺族との、最期の別れの時となりました。
妻、長男、次男の3人には、
「どうぞ、お手を触れて、感謝の言葉を…」
と促します。
妻は、優しく夫の顔を撫でながら、
長く連れ添い傍に居てくれたことへの感謝の言葉を述べました。
長男はやはり、懺悔の言葉「親父、ゴメン。俺が悪かった」と発しました。
この時です。
私は間髪を容れず、彼の背中を、ど―んと勢いよくたたきながら、
思わず叫んでしまったのです。
「どんなに遠く離れていても、どんなに長く逢わなくても、
親が子を忘れること、思わない日など、一日たりとも、絶対にないはず。
貴方のことを、心配で、心配でならなかったはずだ。
この親不孝者め! 今日を境に、生まれ変わるんだよ」
一般的には、葬儀社の職務の枠を超えての言動、
越権行為と言われてしかるべきです。
しかし、私は後悔しませんでした。
むしろ、すがすがしく感じたほどです。
(引用終わり) 

本の中で取り上げるくらいですから
これがフューネさんの考える正しい「感動葬儀」ということなのでしょう。

そうであるなら、もう一度言わせてください。

葬儀屋はお葬式で感動するな!

私には、遺族のためと言いながら
葬儀屋が上から目線で
「感動したがっている」ようにしか見えないのです。

葬儀屋を感動させるために
故人は亡くなったわけではありません。

ただの「勘違い野郎」と申し上げたら言い過ぎでしょうか。 

この問題が深刻なのは
フューネの社長のブログを読んだりインタビューを聞いたりする限り、
彼の人柄は私の何倍も良さそうだということです。
きっとフューネさんのスタッフも純粋でまっすぐでいらっしゃるのでしょう。

だからこそ
「葬儀屋が感動したがる症候群」
はやっかいだと思うのです。


<2013年07月10日>記載