今回紹介するのはこのムック。

終活読本 ソナエ
季刊、ということは次も出るんでしょうか。

過去この手の雑誌で次が出た試しがないのでがんばっていただきたいのですが・・・
(参考記事: 「やすらぎセレモニー 2011年 03月号」を読んで

島田裕巳に、ライターの市川愛って
なんか編集のやっつけ仕事感がハンパないなぁ。
何か新しいことをする気ゼロな感じです。

巻頭が壇蜜って、ねぇ・・・

中学校のときのあだ名が「愛人」というのには笑いましたが・・・

壇蜜が葬儀専門学校でエンバ−マー養成コースだったことが語られていますが
これって既にカミングアウトしてたんでしたっけ?
いままで元葬儀屋くらいのにごし方だったような気がするんですが

名前が売れ出した頃、葬儀業界では公然の秘密だったんですが
エンバーミング業界にとっては壇蜜のカミングアウトがプラスなのかマイナスなのか
判断付けかねていたのではないかと思います。
いまでも恐らくそうでしょう。

このインタビューによると
彼女は専門学校卒業後結局エンバ−マーとしての働き口がなくて
そうこうしているうちになんとなくタレントになってしまったとのこと。

とはいっても専門学校時代は今ほど胸がなかったとの噂なので
ある程度グラビア用に「準備」をしたのではないか、と思うのですが・・・
エンバ−マー

さてエンバ−マーの就職口が無いという話は良く聞きます。
現在の弁護士と一緒で、その職業に一定の需要はあると言っても
資格者を十分受け入れるだけの需要は無い、
というところでしょうか。

以前、「エンバーミングは日本に定着するか?」 という記事を書きましたが、
エンバーミングを始める際の施設などのイニシャルコスト(初期投資)の大きさと
エンバ−マーを遊ばせない稼働率
を考えると大手葬儀社しかエンバ−マーを採用できないはずです。
そのエンバ−マーのポストが飽和状態なら、
空くまでずっと待つしかありません。
単純計算でエンバ−マー1人当たり年間400体の処理能力があるとして
葬儀依頼者の半数がエンバーミング依頼をすると仮定したら
その葬儀社内で800件近く施行件数が伸びないと
エンバ−マー1人を採用できないってことになりますよね。
実際は既存のメンバーで増加分をシェアするにも限界があるから
前倒し採用すると思いますが、
それでも500件以上施行件数が増えないとエンバ−マー採用枠って
増やせないってことになる。

そうなるとなかなかエンバ−マーの新規採用は難しい。

エンバーミングコースを持つ専門学校はこの状況に気づいていると思うのですが
エンバ−マー志望者を対象としたリーバイスモデルを実行しているのだと思います。
専門学校もエンバーミングコース設立に先行投資をしているわけで、
入校者数が損益分岐点を割るレベルになるまでは
募集を続けざるを得ないということなのではないでしょうか。

となるとエンバ−マーとして正社員になる確率を上げるせめてもの方法は
エンバーミング設備を持っている大手葬儀社に
なんの職種でもいいから一度就職して、エンバ−マーの転職を申し出る
ハナから国内で就職できなかったら海外でエンバ−マーやるつもりで
留学して海外でエンバ−マー資格を取得する
くらいしか、確実にエンバ−マーになる方法は無いんじゃないでしょうか。

いや、以上単なる部外者が思いつきでしゃべっている話なんで
本当にエンバ−マー目指している人は裏を取ってから行動に起こして欲しいと思うんですが。


<2013年07月23日>記載