2013年8月17日の中日新聞の記事から
《茶況》 葬儀返礼用茶の需要回復せず 関東や北関東

静岡市葵区の茶問屋役員は
「関東、北関東地方で葬儀の返礼で使われるお茶の需要が回復していない」
と茶葉消費の落ち込みを嘆く。
 2011年3月の福島第一原発事故に伴う茶の放射性セシウム問題を機に、
葬祭業者の一部が返礼品カタログからお茶を外した。
再び掲載した業者もあるが、問屋役員は「半分も戻っていない」と指摘する。
緑茶
んー、原発事故は状況を大きく悪化させたかもしれませんが
本質的な問題はそこではなくて
都市部から始まった葬儀の小規模化
だと思います。

葬儀が小規模化するということは参列者が少くなるということで
当然返礼品の数も少なくなります。

となると葬儀の担当者としては単価アップを目指さないといけないのですが
お茶って単価を上げづらいのです。
なぜなら差異をアピールしづらいから。
量と値段が比例するというのは誰でも分かりますが
品質と値段が比例するという仕組みは
買い手が品質を判断できることが前提です。

だがこれが難しい。

まず品質の違いが分かるかどうか。
正直私も100グラム500円のお茶と
1000円のお茶を「利き茶」出来るかといったら、
ちょっと怪しい。
ましてや買い手(喪家)は味見すらしないで商品を選ばなければいけないので。

ブランドに頼るといっても、知名度が高いナショナルブランドの場合
 どうしてもそこそこの品質、っていう評価に落ち着いてしまいます。

問屋さんもそこは危機感を持っていて
ただお茶を供給するのではなくて、製造工程に付加価値付けたり、
お茶を使った食品などいろいろ企業努力はされているんだけど
返礼品全体の中では、ロングテールのしっぽの部分に埋もれてしまっています。

何か上手い解決策を示してこの記事にオチをつけたいんですが
うーん、思い浮かばないです。


<2013年08月18日>記載