今日の記事はちょっとお叱りを受けるかもしれませんが、
葬儀屋さんと学歴の話です。 

今年も新卒の入社希望者に
いわゆる「いい大学」の子が少なからず混じっていました。
こういう記事(新卒確保、中小企業に試練の夏 大手採用増で苦戦 
全文をお読みになりたい方はこちらをどうぞ)
がでるご時世にありがたいことです。

もちろん葬儀屋に最も必要なのは
ホスピタリティとタフネス。
そして葬儀の実務に学歴は無関係。 

それを分かった上で敢えて申し上げたい。
 
「高学歴の方に葬儀業界に来てもらいたいと。」

その理由は下記の記事で述べました。
(参考記事:葬儀屋と学歴

論理よりも感覚に引きずられて、生理的に葬儀屋を嫌う人々に対して
学歴は有効だから、
というのがその理由です。
大卒2

最近はそれに加えて
組織の多様性が生み出す強さというものを考えると
葬儀業界はもう少し高学歴の人の比率を増やした方がいいんじゃないか、
と思うようになりました。

「みんなの意見」は案外正しい 

という結構有名な本があります。
いわゆる集合知の正しさを説いた本です。

この集合知をうまく働かせるためには組織に多様性、
つまりまんべんなくいろんなタイプの人がいることが理想的。

そういう意味で葬儀業界はちょっと低学歴に偏りすぎだと思うのです・・・
というと、この学歴主義者め、と顔しかめる方は多いでしょう。

いや別に私が葬儀業界に入りたての頃
「○○(←私の母校)出身だと思って調子に乗ってんじゃねえ」
ってFランク大学出身の先輩に暴力ふるわれた経験があるから
こんなこと言っているわけじゃなくて。

もちろん1年間に本(漫画ゴラクと風俗誌を除く)を1冊も読まなくても、
休みの日はパチンコしかしなくても
好感が持てて、葬儀屋として優秀な人はいくらでもいますし。

だからもちろんそういう人もいていいのですが、
とはいえ組織のバランスとしてはもうすこし人材のバリエーションがあっても
いんじゃないかと。 

たとえば偏(かたよ)りの弊害の一例をあげると
大学の新卒の面接の際
面接官として、高卒でバブル期に中途採用で葬儀屋になったスタッフが入ると
選抜が結構いい加減なことが多い。
多分就職することにコストをかけてきていないから
今の新卒の必死さとか悲壮感が分からないのだと思うのです。 
 大卒

べつにルイス・ガースナーがやって来る前の
かつてのIBMみたいな画一化されたインテリの組織を望んでいる訳じゃないんです。
(もしそんな組織が存在したら葬儀屋としては弱いと思いますし) 
ただせめて大東亜帝国以上の人が業界に占める割合が数パーセント上がって欲しい、という程度の
個人的なささやかな願いなんですけど・・・

同意してもらえるのかな、これ。


<2013年09月06日>記載