また出たか・・・

 『選ばれる葬儀社』のための検定制度 第一回 ラストライフプランナー検定
 ラストライフプランナー検定(以下LLP検定)とは,
一人でも多くの方の最期を“不安なく”“悔いなく”幅広い知識で
相談者をサポートする『生前案内人』として持つべき
幅広い専門知識(遺言・相続・末期医療など)に関しての検定資格です。
LLP検定を通じて,葬儀社の担当者様がよりお客様に喜んでいただき,
地域の消費者に【選ばれる葬儀社】になるための能力を得ることを
最大の目的としています。 
葬儀関係の資格ってちょっと乱立気味ですよねー。
いわゆる資格商法って言っちゃうと怒られますかね。

このラストライフプランナー検定にしてもたった3時間半の講義で仕入れた知識が
実践で使えるとは教える側も信じてはいないでしょう。
恐らく自分ところで抱える士(さむらい)業へ
仕事を紹介してもらうためのパイプ作りが目的
なんじゃないかなと私は思ってるんですが。
試験

微妙にそれぞれ立ち位置は違いますけど
葬儀屋さんの資格の一部を取り上げてみると・・・

 終活カウンセラー初級検定
終活には葬儀も含まれていると思うんですが
葬儀のプロはいないようです。
(参考記事:「終活の教科書」が誤った情報を掲載している件

○ 葬祭カウンセラー
二村祐輔氏の主宰する資格制度です。

葬儀アドバイザー
これなんかもう
葬儀屋にアルバイトで雇ってもらって、仕事教えてもらう方が早くね?
ある日おっさんからあなたは「葬儀アドバイザー」ですって言われるだけでしょ(^^;)

エンディングコーディネーター
安いなぁ、これ。いや受講料の話じゃなくて。
葬祭ディレクターという資格の取得には、
2級では最低2年以上、1級では5年以上もの葬儀実務経験が必要となり、
葬儀業界での勤務が前提条件と言えます。
しかし、エンディングコーディネーターは、
未経験者でもソフトウェアの学習と2日間の研修会に参加すれば、
最短2日で誰でもなれます。
「誰でもなれます」(T_T)

いや、だからそんな資格に一体何の価値が・・・
ホント舐められてるよ、葬儀業界。

ダイエット商法もそうだけど
バカが寄ってくるようにいかに撒き餌をまくか
みたいな話なのかな。

(ごめんなさいね、今日は口が悪くって(^^;))

でもなんで普通に葬儀屋に就職しないかね?
他業界に比べたら入り口はかなり広き門だと思うんだけど。

それにしても、こうしてみると葬祭ディレクターって
すごくちゃんとしてるんだなって思う今日この頃。


<2013年08月26日>記載