以前訪問したことがある葬儀屋さんが買収されてしまったようです。
水に落ちた犬をたたくのは心苦しいのですが
時代の流れをあまりにも象徴する事案なのでご紹介します。

(固有名詞は伏せ字にしました)
葬儀老舗の○○社、広島の企業が買収

 福岡都市圏で3か所の葬儀場を運営する老舗葬儀会社「○○社」(福岡市)を
冠婚葬祭業の△△グループ(広島市)が買収した。
今月1日付で、買収額は公表していない。

 同グループが、○○社の創業家が保有する全株式を引き受けた。
○○社によると、後継者がいないことから譲渡を打診したという。
(中略)
同グループは○○社の社名は変えず、
各葬儀場と従業員もそのまま維持する方針という。
(2013年8月23日  読売新聞

実はここ、だいぶ前に訪問したことがあり
当時の私のメモには「あと十年でなくなる」と書かれています。

そう感じた理由は
・大きすぎる式場を持て余している
・眼前にできた他社式場と比較して、
スタッフのクオリティが劣っていた(当時)
ためです。

こちらの会社の方には大変申し訳ないのですが
なるべくしてなったという印象です。
買収

「後継者がいないことから譲渡を打診」
ということなのですが、恐らく本当の理由ではないでしょう。
百歩譲って本当だとしても
経営者のやるべきことの中には後継者の育成も入っていると思うので
やはりこれは経営に失敗したということです。

ところで
「各葬儀場と従業員もそのまま維持」とのことですが
これが許されるのは
買収者が新規の集客媒体を持っているケースに限られるでしょう。
地元の企業ではないようですがその点は大丈夫なんでしょうか。

ここに赴任した経営者は
・大式場は他業種に売却もしくは賃貸
・従業員レベルのハードルを上げて半数以上を入れ替え
・顧客リストのみ継承
を行うべきだと思います。

と、偉そうなことを言ってはみたものの。

日頃は葬儀業界の淘汰が進むのはいいこと、と言っている私ですが
同様の会社がどんどん増えていくことを思うと
ちょっと胸の痛みを覚えます。


<2013年09月10日>記載