今週号の週刊ダイヤモンドを読んだ感想です。

記事の内容を要約すると互助会の台所事情がヤバい、っていう話です。
キャッシュは不足しているし、全体の2割が債務超過に陥っているし。

この記事の調査結果については業界のうわさ通りで意外性はありませんでしたが
こうやって開示請求出して、調べることができるとは意外でした。

しかしこのように各互助会の財務内容という、
客観的数値を出されては、
今回は主張を認めざるを得ません。
(悪意があるのは相変わらずですが・・・) 

詳しくは中身を読んでいただくとして
それにしても良く分かんないのは、この人の発言。

互助会保証(←互助会に対する保証事業を行う会社)藤島安之社長への
インタビューを転記

()内は私のツッコミです。

<転記開始>

「葬儀単価が下落する中、債務超過企業の経営改善は難しいのでは。」

「葬祭事業はまだまだ儲かっている。
互助会各社はすごい勢いで葬儀会館を建設している。」
(他に策がないところが消耗戦やってるだけだし。)

「御社の契約先で赤字企業数は。」

「当社が契約する168社の1割が赤字だ。」

「備務超過企業には具体的にどのような指導を行っているのか。」

「利益を上げろ。それが駄目なら増資しろ。それでも無理なら2015
年までに事業を他社に譲って廃業する計画を出すよう指導している。」
(利益上げられない時点でゲームオーバー確定じゃん)

「しかし事業を引き受ける企業が現れない可能性もある。」

「それはありえない。」

「なぜあり得ないといえるのか。」

「われわれが指導するからだ。」
(どんな理屈だよ。)

「しかし御社と契約していない企業も多数ある。」

「それらの企業については業界団体や経産省などがきちんとやっていくだろう」
(人ごとかよ!)

<転記終了>

藤島社長が監督官庁である経済産業省からの天下りでやる気がない、
週刊ダイヤモンド側が悪意のある編集をしている
の両方が原因だと思うのですが、
それにしてももう少しなんとかならんもんかと。

藤島さんもそれなりに給料貰ってんだから。

経歴みるとエリートの王道行ってる人だから
多分自分が馬鹿な受け答えしているという自覚はあるはず。
葬儀屋ごときのごたごたで、晩年のキャリア汚したくないんでしょうね。
問題先送りモードですな。 

それから情報開示を拒否した互助会がつるし上げられていますが
ワンマン社長のところが多そうな気がするのは思い過ごしか・・・

ちなみに私は非互助会側に勤めていますが
でも今回ような話が非互助会側に追い風だとはどうしても思えない、
というのは過去の記事に書いたとおりです。
(参考記事:もしも互助会の解約手数料が無料になったら

ただ非互助会側はハチマキ巻いてネガティブキャンペーンに動くよね。 


<2013年09月21日>記載