先日日経新聞の土曜版にカカクコムの社長がでていたので
久しぶりに価格.comのサイトの葬儀カテゴリーをのぞいてみたら、「えっ!」
って感じになっていました。
去年プレスリリースでリニューアルしたことは聞いていましたが
いつからこんな風になっちゃったんだろう。

ランキングを見てみると上位3社が
・小さなお葬式
・イオンのお葬式
・こころのお葬式
ってことになっていて、以下それぞれ個別の葬儀社が名前を連ねています。
(2013年10月27日現在) 
でもこの上位3社って葬儀社ではなく、
葬儀社紹介業ですよね。

これって価格.comの葬儀カテゴリー自体が葬儀社紹介ページなのに
さらに葬儀社紹介機関を紹介していることになりますよね。
楽天トラベルの紹介先ホテルの中に、一休が入っているような状態です。

つまりゼネコンの孫請け状態で,
葬儀社を紹介されるってことですよね。
紹介手数料の中間搾取を発生させているだけで
消費者の為になっていないのではないでしょうか。

次に葬儀社紹介機関を主な集客媒体とする薄利多売主義の葬儀社は、
施行件数で勝負しようとして
あらゆる葬儀社紹介機関にエントリーする傾向があります。
ということは同一の葬儀社が
・価格.com内の紹介葬儀社
・小さなお葬式の紹介葬儀社
・イオンのお葬式の紹介葬儀社
・こころのお葬式の紹介葬儀社
それぞれに複数エントリーしている可能性はないのでしょうか。

もしそうだとすると
同一葬儀社がバラバラのプラン内容で
バラバラの価格で紹介されるっていうのはどうなんでしょうか。
(サービス内容が同一で価格がバラバラの場合はそれはそれで二重価格になりそう)
価格.comも当然法務部門のチェックは行なっているでしょうけど
なんかフェアな感じはしないですね。

価格.comの葬儀社紹介ページは
ネット葬儀社紹介の黎明期に立ち上がりました。
しかし葬儀カテゴリーのページだけ他の商品紹介のページと違っていて
異なる商品なのに価格(≒安さ)で比較させるという致命的な問題点を
かかえていました。
やり方によってはうまく化けることもできたろうに、後発に追い上げられて背に腹は替えられない
ってことでこの形になってしまったんでしょうか。

価格.comをしてもネットで葬儀を売るのは難しい、ということなんだと思います。


<2013年11月01日>記載