2013年11月2日の日経新聞朝刊1面の記事から


東京都江戸川区に住む会社経営者、鈴木小太郎(仮名)は9月初日
高島屋東京店(東京・中央)で総額355万円の買い物をした。
手に入れたのは24金の仏像2体と18金のお鈴(りん)。
外商の案内でたまたまのぞいた金製品の催事の会場で即決した。

仏具で節税効果

購入資金は8年ほど前に
付き合いで持つことになった株式を売って賄う予定。
「困ったら売ってくれ、と子供への遺言状には書くつもり」と笑う。
日常の礼拝に使う仏壇や仏具は相続税の課税対象にならない。
「今後も気に入った仏具があれば買うかも」と明かす。
 
金塊

なるほど、その手がありましたか。
昔、伊丹十三監督の「マルサの女」の中で
「わざと妻と別れて慰謝料を払う。慰謝料には税金かからないからね」
という合法的な脱税の手口を山崎努が語るシーンがあって
いろんなこと考える奴がいるなぁって思いました。

それに匹敵しますね。
金が仏像の形をとったとたん、無税になるとは。
相続税の法改正をにらんで、流行るかも。
 
まぁ、やりすぎるといくらなんでも問題になるでしょうけど。

このやり方を応用して、自宅の金塊を墓標だと言い張るのはどうだろう。

ひろさちやに教えてあげなきゃ!
(↑さんざん仏の教えを説いておきながら自宅に泥棒が入った際、金塊を隠し持っていたことが発覚)

(追記)
探したらこんな記事もありました。
金の仏像で究極の節税対策


<2013年11月04日>記載