先日
という記事をアップしました。
遺品整理屋のサイトでこのブログが盗作されたという内容です。
その後、動きがありました。
株式会社ユニコムから丁重なお詫びの言葉が・・・

なんてこともなく

サイトから該当記事をひっそりと削除していました。

こんな感じです
http://unicom-ihin.com/?p=248 

有罪決定、ですね。

遺品整理屋さんの業務に例えるなら
業務中に人の物盗んで返せと言われたら焼却処分して知らんぷり
ということですね。
株式会社ユニコムはそういうことをやる会社であると。

他人を罵る言葉を吐くと自分も汚れる気がして嫌なのですが
今後同様の行為を防止するためにも指摘せねばなりません。

品物なら燃やせば無くなりますが
ネットの情報はアップしたら無くすことはできません。

記事を消したところでGoogleのキャッシュ(記録)は残ります。
例えばこんな風に。
(2014年2月14日追記:上記のキャッシュは一定期間が経過したので見られなくなっています)

さらにネット魚拓サービスを御存じでしょうか。
アメリカのサービスも使っているんですが、
英語で削除依頼出されますか。

さらに私は人が悪いので
サイトの記録を取っており
アップロードしてしまうこともできるわけですが・・・

もちろんこちらから
そんなことをやるつもりはありません。
そこまで暇ではありません。

今後、株式会社ユニコム側から、
私が根も葉もない言いがかりをつけている、
と言った類の卑怯な反論があった場合
逆襲の備えはしている、ということです。

株式会社ユニコムさん、
謝罪は今後一切必要ありません。

会社が続く限り
志のない商売を続けてください。


<2014年02月04日>記載