先日発表された
日本消費者協会の「第10回葬儀のアンケート調査」の結果速報です。

過去日本消費者協会の葬儀のアンケート調査の
杜撰(ずさん)さを指摘してきました。
(参考記事: マスコミが報道する葬儀費用のウソ(日本消費者協会編)

先日調査資料の配付が開始されました。
今回はどうなっているでしょうか。

第10回葬儀のアンケート調査における
葬儀費用の合計の全国平均は1,889,000円でした。
3年前の第9回の全国平均費用は1,999,000円でしたから
約5.5%下落しています。
 
しかし、それでも実態よりも高い数値だと思います。
実際全国の葬儀屋さんで、
寺院費用も含めたとはいえ平均値が1,889,000円
を越えるところって、どれだけいるんでしょう?
3年経って金額は5.5%ダウンしたのですが
実際値はもっと下落していると思うので、
日本消費者協会の発表数値と実態との乖離率(≒ズレ)は
3年前よりむしろ広がっているような気がします。
アンケート

さて今回の調査において
近畿地方の葬儀費用合計の平均値は
210万5千円になっています。

えっ、そんなに高いの?って思った人も多いと思います。

でもこれね、近畿地方のアンケートって10人(!)しか回答していないのです。
サンプル数として十分と思った方は信じても良いですけど・・・
 
それから葬儀一式費用(≒葬儀屋さんに支払った費用)に対する感想を
476人(対象者576人から無回答100人を除く)が回答しています。
内容・サービスに対して
葬儀一式費用の金額が妥当と思ったかどうかを答えているわけですね。
しかし一方で葬儀一式費用の金額が実際にいくらだったか答えた人は
576人中218人しかいない。
ということは476人−218人=258人は
実際の金額を知らないのに高いとか妥当とか
回答してるってこと???
  
相変わらずの日本消費者協会クオリティ・・・

民間組織なら「調査しました」とは恥ずかしくて言えないですよね。

 しかしそれでも
マスコミはこの数値を「正解」として報道するでしょう。

日本消費者協会側のレポートの言い訳は健在です。

「ここに掲載した金額は、葬儀の規模や会葬者の人数など、
個々の詳細を把握したうえでのものではない。
また、限られたデータでの単純な平均額なので、
数値のみにとらわれることのないように留意してほしい。
また、地域ごとの回答者数が少なく、
地域の特性を反映しているとは言いがたいので、
参考値として見ていただきたい。」

年々、言い訳がひどくなってますけど・・・

だったら、発表しなきゃいいのに。

本当はマスコミに注目されてうれしいんですよね?
分ります。 

「消費者」はこの数字にだまされて
迷惑してますけど・・・

日本消費者協会は「消費者」の味方ではないんでしょうか?


<2014年02月14日>記載