こんなニュースを見つけたので
思ったことをつらつらと。

中国の葬儀変えたい=日本帰り女性、奮闘中
(魚拓(WEB画面保存)サービスがブロックされているので
記事の最後にテキストを引用表示しておきます)

>9年間、みっちり技術を学んだ。

ビザの仕組みは良く分らないのですが
葬祭業は就労ビザが下りるみたいですね。

そういえば最近のフューネラルビジネスフェアでも
大陸の方らしき人をちらほら見かけます。

基本的に接客に関しては文化障壁のある業務ですが
非接客業務では今後受け入れもあり得る?
中国

>日本では生前に自分の葬式について準備するなど「怖がられていない」。
>また、中国では下に見られている葬儀業が、日本では尊重されていることも印象深かった。

ん−、これはどうだろう(^^;)
このブログには中国現地の貴重な情報を寄せていただいているのですが
中国葬儀業界はかなり汚職等が進んでいるらしいので
「相対的に」日本の方がいいってことかな。
専門学校やら資格制度は日本の方がレベル低いイメージですけどね。

>死を怖がらず、死に関わる者を軽蔑しないでほしい」と言葉に力を込めた。

うむ、このあたりの悩みは日中共通ですね。


(記事引用)
【上海時事】葬儀で遺体を洗い清める湯灌(ゆかん)の技術を日本で身に付けた中国人女性が上海で奮闘している。死をタブー視する中国社会の厚い壁にもかかわらず、人気を博しつつある。
 この女性は福建省泉州市出身の呉津娜さん(27)。同省で葬儀業の専門学校を卒業後、地元の斎場で働いていたところ、縁があって愛知県豊川市の東海典礼(近藤哲司会長)に就職。9年間、みっちり技術を学んだ。
 呉さんが日本で驚いたのは遺体の扱い方が違うこと。「中国ではモノに対するようだったのに、日本では仏様として接していた」。仕事ぶりが「細かく、心がこもっている」と感心した。
 死をめぐる考え方が異なるのにも目を丸くした。中国では、タクシーが斎場に行ってくれないほど死はタブーだが、日本では生前に自分の葬式について準備するなど「怖がられていない」。また、中国では下に見られている葬儀業が、日本では尊重されていることも印象深かった。
 呉さんは2013年に帰国し、10月から上海市が運営する斎場で湯灌を開始。「中国には良いサービスが多いが、葬儀業だけは発展していない」と言う近藤会長の言葉が背中を押したという。
 最初は、湯灌が知られていないこともあり、閑古鳥が鳴いていた。だが、丁寧なサービスが次第に人気を呼び、今では月に90件ほど依頼がある。
 呉さんが心掛けているのは「日本で学んだ技術を中国式に変えていくこと」。日本のように頭からではなく、「人生の重荷を背負った」肩から洗い、「新しいスタートです」と語り掛けるなどするという。
 呉さんは「上海の人が素晴らしいサービスをもっと経験してほしい。そして、死を怖がらず、死に関わる者を軽蔑しないでほしい」と言葉に力を込めた。(2014/04/14-14:42) 


<2014年04月16日>記載